〈お知らせ〉ふるさと江別塾が本学で開催されました

2011年度ふるさと江別塾が本学で開催されました

ふるさと江別塾について

ふるさと江別塾は、江別市教育委員会と市内4大学が共同で大学の<知>の資源を市民に還元し、学習の機会を提供することを目的としている事業です。受講料は無料で、例年10月から11月にかけて4大学がそれぞれの学問分野の特色を生かした講義を市民向けに提供しています。

今年の本学での講義は、11月5日(土)9時半から12時過ぎまで45名の市民の皆さんの参加を得て実施されました。

受講の風景

健康ストレッチも行いました

■「高齢者の積極的な健康づくりと地域社会について」 北田雅子 本学教員

 北田雅子教員は、喫煙による健康被害の啓発についてヨーロッパのユニークな取り組みを紹介するとともに、Active Aging」という視点から、健康的な行動を実践に移し継続していくためには何が必要なのか、個人の取り組みの他に公園づくりなどの工夫をドイツでの研究生活を交えて紹介しました。また、講義の途中では実際に体を動かして正しい姿勢の作り方を受講者の皆さんと実践してみました。

■「DIYのまちづくり」 石井和平 本学教員

 石井和平教員は、DIYdo it yourself)のまちづくりということで、地域の課題や問題を住民自らが解決したり、あるいは、従来行政が行ってきた公的サービスを、住民が代わって実践しようとするスコットランドの市民参加のまちづくりを、美しい映像風景を背景にしながら紹介しました。

■地域づくりを足元から 本学も地域に貢献 
 2つの講義は、地域や町といった小さなコミュニティの中で健康で豊かな人生はどのようにあり得るのだろうかといった問題意識を持っており、わがまちを足元から振り返る機会になったものと思います。

 札幌学院大学も地域に開かれた大学として、公開講座の実施や大学図書館の公開など市民の皆さんのご利用を歓迎しております。

  • 発行日: 2011年11月28日
  • 教務部教務課
    • 住所:〒069-8555 江別市文教台11番地
    • メールアドレス:kyoumu@ims.sgu.ac.jp
    • 電話番号:011-386-8111 (内3210)
    • ファックス番号:011-386-8113