〈お知らせ〉札幌学院大学総合研究所シンポジウムが開催されました

札幌学院大学総合研究所シンポジウム「震災を乗り越える社会情報学」が開催されました

 12月3日(土)、本学G館SGUホールにおいて「第4回札幌学院大学総合研究所シンポジウム」が開催されました。今年度は社会情報学部設立20周年を記念し「震災を乗り越える社会情報学」をメインテーマに掲げ、第1部では伊藤守先生(早稲田大学教授)、岩上安身さん(フリージャーナリスト)、増永良文先生(青山学院大学教授)、正村俊之先生(東北大学教授)の4名の方々にそれぞれのテーマにそった内容で講演していただきました。
第2部では、4名の講演者に本学社会情報学部の高橋徹先生、小池英勝先生にコメンテータとして加わっていただき、大國充彦先生が司会を務められ、パネルディスカッションを行いました。パネルディスカッションでは、会場の参加者からの質問への回答を中心に、予定時間をオーバーするほどの白熱した議論が展開されました。
また、当日は悪天候にも関わらず、本学の社会情報学部の学生をはじめ、多くの一般の方々にもご参加いただき、大変意義あるシンポジウムを開催することができました。

社会情報学部長森田彦先生のご挨拶

社会情報学部長森田彦先生からのご挨拶

パネルディスカッションの様子

パネルディスカッション様子

 なお、シンポジウム当日のようす(動画)は本学学生有志と岩上安身さんが代表を務める北海道Independent Web Jornalが撮影しており、下記にアクセスしていただくとご覧いただけます。
  • 発行日: 2011年12月09日
  • 札幌学院大学 総合研究所
    • 住所:江別市文京台11番地
    • 電話番号:011-386-8111
    • ファックス番号:011-386-8113