〈お知らせ〉【学芸員課程】学芸員課程履修者が博物館を見学しました

【学芸員課程】学芸員課程履修者が博物館を見学しました—博物館実習の一環としてー

「博物館実習」(学芸員課程の主要科目)の一環として、77日(土)履修者17名が博物館の見学を体験しました。「学芸員」は、博物館や美術館、動物園、水族館などで、資料の収集・保管、調査研究及び普及活動などを行う専門職員です。一行が向かったのは、「夕張石炭の歴史村」、「三笠市立博物館」、「三笠鉄道記念館」の三施設で、現職の学芸員の方から、展示物の保存方法や展示法等について詳しく説明を受けました。学生は熱心にメモを取ったり特徴的な展示について記録写真を撮るなど、日頃何気なく見ている展示が実は学芸員の方たちによって周到に用意され、工夫されていることを学びました。
「三笠鉄道記念館」では、実際に蒸気機関車に乗せていただき、生の質感や迫力を実感し体感的に展示物を学ぶ体験展示について学びました。
学芸員課程の履修者は、博物館等の施設で約2週間の館務実習を今月末から行い、博物館の専門員となるための研鑽を積むことになります。

見学1
見学2
見学3
  • 発行日: 2012年07月24日
  • 札幌学院大学人文学部(学芸員課程)
    • 住所:江別市文京台11番地
    • 電話番号:011-386-8111
    • ファックス番号:011-386-8113