■一般講座
[講座番号7] 『世界経済の展望とマネープランへの影響』
定員/50名 受講料/2,000円(全2回)



(講座概要)
 本人の破天荒なツイッターのつぶやきとは別で、トランプ大統領側近の現実的政権運営や米国と中国、欧州の景気の堅調さも評価されて、今年の世界経済は楽観論が支配的です。その陰で米朝の軍事衝突懸念や中東情勢の流動化、中国の金融政策の変更などリスクの種に事欠きません。次の危機は過去の経験や予想を超えて起きるとの見解もあります。世界経済の定点観測を始めて18年、想定される波乱に備えた堅実なマネープランを研究します。

(カリキュラム&日程表)
テーマ/講座日
内  容
1
トランプ相場・アベノミクス相場は大丈夫?

6月16日(土) 【午前】10:00〜12:00
 米国の利上げに続き欧州の金融緩和の終了が目前ですが、日本は依然としてデフレ脱却に手間取っています。日銀の国債や株式の買入れも限界に近づきます。今年の資産運用上のリスクと注意点を確認します。
2
今年もやはり『長期国際分散投資』

6月16日(土) 【午後】13:00〜15:00
 「人生100年時代」に将来不安が山積する日本人。金融商品を知るだけでなく、少額でも始めないと流れに取り残されます。バブル崩壊や景気変動に備えながら、『行動なくして理論なし』を実践して行きましょう。
講師/札幌学院大学大学院非常勤講師 白根 壽晴
講師
紹介

白根 壽晴(しらね としはる) 1954年東京都生まれ。早稲田大学法学部を卒業後、住友電気工業鰍経て税理士登録。97年にエフピーインテリジェンス設立。現、代表取締役。ライフプランに基づくコンサルティングや執筆、大学や金融機関での講演活動など幅広く活躍。資産運用アドバイスに強いFPとして定評がある。『オーナー社長の資産戦略と実務』『定年後のお金全疑問45』など著書も多数。日本FP協会理事長 CFP®・税理士。


 


>>講座一覧に戻る