現在位置の階層

  1. ホーム
  2. キャリア・就職支援
  3. 法学部法律学科

就職情報

「公務員受験対策講座」を学部専門科目に/きめ細かな質の高い就職支援体制を整備

将来的に公務員を目指す学生が多い法律学科では、これまでカリキュラム内に「公務員試験対策講座」 を設置し、受験に関する科目を設けて合格を強力にバックアップ。北海道警察、警視庁をはじめ、毎年、国家公務員や地方自治体に採用実績を残してきましたが、2004年度からはさらに「公務員試験対策講座」を学部専門科目として位置づけるほか、2005年度からはロースクール希望者に向けた法科大学院適性試験のための対策科目(法政特殊講義)を開講。公務員志望、大学院進学希望者への支援強化を図っています。2016年度の公務員合格者の就職者中の構成比は20.7%でした。

公務員試験等の結果(現役受験者のみ)

   2012年度 2013年度  2014年度   2015年度 2016年度
 国家公務員(一般職)          
 国税専門官        
 刑務官        
 法務教官         1  
 裁判所職員(一般職)          
 国立大学法人職員           
 札幌市職員(一般事務)            
 札幌市職員(消防)      
 道内市町村職員(一般事務) 4 4 4
 道内市町村職員(消防) 2 1  
 道外市町村職員(一般事務)        
 道外市町村職員(消防)          
 北海道職員(一般行政)      1  
 北海道職員(警察行政)   1 1  
 北海道職員(教育行政)        1  
 北海道職員(学校事務)          
 北海道警察  5  10 8 9
 他都府県警察 2    
 自衛隊幹部候補生        
 自衛隊一般曹候補生 3 1  1 2
 自衛隊自衛官候補生 10  8 4 3 1
 合  計 32  34 26 21 17

エクステンションセンターにおける法律学科の主な資格取得実績(過去3年間)

宅地建物取引士 2名
行政書士 2名
法学検定ベーシック 21名
秘書検定2級 3名

道内を中心とした金融・保険・製造業が引き続き好調

法律学科は卸・小売業、サービス業への就職者が約半数を占めますが、他学科と比較すると金融・保険業に就職する割合が高いのも本学科の特徴。金融不況の影響もありましたが、北海道内の地方銀行や信用金庫を中心に就職者を輩出しています。

2016年度の就職状況

業種別就職状況円グラフ
2016年度の主な就職先(順不同)
■建設業
日弘ヒーティング、太平電業

■製造業
日軽北海道、東日本コベルコ建機、トーショー

■情報通信業
新日本法規出版、日本SE、ホープス、苫小牧民報社、エイチ・アイ・ディ

■運輸業
北海道丸和ロジスティクス、ロジネットジャパン

■卸売・小売業
ナニワ、H・O・C、コハタ、ほくやく、日本仮設、太平洋興産、石上車輌、竹山、ヨドバシカメラ、ハミューレ、福原、ムラタ、東光ストア、長谷川産業、生活協同組合コープさっぽろ、ノーステックテレコム

■金融・保険業
北海道信用農業協同組合連合会(JAバンク北海道)、北星信用金庫

■不動産業
住友不動産販売、常口アトム

■サービス業
常呂町農業協同組合、江別商工会議所、日本郵便

■公務員
札幌市職員(消防)、網走市職員、名寄市職員、登別市職員、洞爺湖町職員、北海道警察、自衛隊一般曹候補生


サイド・メニュー