現在位置の階層

  1. ホーム
  2. キャリア・就職支援
  3. 進路・就職支援(2014年度)
  4. 企業と大学との就職懇談会

企業と大学との就職懇談会を開催しました(2014年10月17日)

菅原常務理事

菅原常務理事からの挨拶

10月17日(金)午後4時からホテル札幌ガーデンパレスにおいて、第34回企業と大学との就職懇談会を開催しました。当日は140社(約200名)の企業様が出席されました。また、本学同窓会から3名、大学関係者が23名出席しました。
当日は加藤祐司キャリア支援課長の司会で進められ、菅原秀二常務理事の挨拶に続いて、初めての試みである本学学生5名によるパネルディスカッションを行いました。
パネルディスカッションは本学キャリアアドバイザー(有限会社エイチ・ビー・エヌ代表取締役)の廣崎匡氏のコーディネートで、「企業に内定した4年生とこれから就職活動に臨む3年生による就職活動への思い」と題して学生パネラーが約1時間廣崎氏の質問に答える形で行われました。学生パネラーは大村敦くん(人文学部英語英米文学科4年)、小口翔平くん(人文学部人間科学科4年)、工藤恵理那さん(経営学部会計ファイナンス学科4年)、黒沼麻衣さん(経営学部経営学科3年)、小蕎一真くん(社会情報学部社会情報学科3年)、の5名です。

パネルディスカッション

パネルディスカッション

4年生の学生に対しては、「就職活動を始めた時期とそのきっかけは?」、「エントリー数や内定数は?」 、「複数内定をいただいた際に内定先を決めるポイントになったものは?」、「セミナーや説明会、あるいは人事担当者との接触を通して印象に残ったことは?」、「就職活動で大変だったことは?」といった質問を行い、それぞれが自分の就職活動から経験したことを素直に回答しました。廣崎氏のスムーズな進行もあり、学生たちは皆落ち着いた様子で、あっという間の1時間でしたが、出席された企業様もメモを取られたり、学生を指名しての質問なども出て、関心の高さが伺えました。
河西邦人就職部長から

河西邦人就職部長から

続いて河西邦人就職部長から、本学の就職指導について説明があり、最後に壇上にて教職員の紹介を行いました。引き続き、宮島由光キャリア支援係長の司会で懇親会が行われました。井上俊彌理事長の挨拶に続き、札幌学院大学文泉会の役員3名の紹介があり、文泉会副会長の佐藤真彰様からご挨拶がありました。続いて株式会社常光取締役本部長の遠藤俊一様の乾杯で懇談に移りました。
企業様からは採用活動やOBOGの話など貴重なお話を伺うことができ、大学関係者にとってとても有意義な懇親会となりました。企業様からも「パネルディスカッションが大変興味深かった」「札幌学院大学の就職指導方針が理解できた」といった感想が寄せられました。最後に株式会社ダイヤモンド・ビッグ&リード常務取締役の森龍二様の中締めで懇親会を終了しました。
当日はお忙しい中ご出席いただきました企業の皆様方、そして札幌学院大学文泉会の役員の方々にこの場を借りてお礼申し上げます。
  • 企業と大学との就職懇談会 井上理事長挨拶
  • 企業と大学との就職懇談会 文泉会役員紹介
  • 企業と大学との就職懇談会 遠藤俊一様の乾杯
  • 企業と大学との就職懇談会 懇親会にて
  • 企業と大学との就職懇談会 懇親会にて
  • 企業と大学との就職懇談会 懇親会にて
  • 企業と大学との就職懇談会
    懇親会にて
  • 企業と大学との就職懇談会
    懇親会にて
  • 企業と大学との就職懇談会
    森 龍二様の中締め


サイド・メニュー