現在位置の階層

  1. ホーム
  2. キャリア・就職支援
  3. S&S(就職内定者が3年生を応援)

12月6日(木)に「S&S」による「企業研究会」を開催します

突然ですが、在学生の皆さんは「企業研究」をしたことはありますか?
その企業が何をしているか、どんな人材を求めているのか、待遇などを調べることです。皆さんはどのような視点で企業研究していますか。それとも、研究しないで就職活動を始めようとしていませんか。
「興味のある業界だけ受けるからいまから調べなくても大丈夫」、「そもそも企業研究する必要があるの?」などと思ってはいませんか。
確かに、いまは売り手市場で、業界、職種を選ばなければ就職はできるかもしれません。しかし考えてみてください。今後40年以上働く可能性のある就職先を、ひいては自分の人生を、簡単に決めてしまっても良いのでしょうか。
そこで、次回S&S「企業研究会」では、メンバーが入社する企業ではなく、採用試験を受けた企業を紹介します。皆さんが名前を知らない企業でも、良い企業がたくさんあります。いまのうちから多くの企業を知って、視野を広げてください。3年生はもちろん、2年生、1年生の参加も大歓迎です。

日時:2018年12月6日(木)15時~18時(途中参加可・退室自由)
場所:A215教室
  • S&S
  • S&S

4年生の内定者「S&S」による就職イベントを実施しています(第1回・第3回レポート)

就職内定者4年生が後輩就職活動のアドバイスをする活動、それがS&Sです。
今年のメンバーの内定先は金融、流通小売業、不動産、お菓子メーカー、エネルギー商社、食品商社、公務員で、多くの業界の視点でアドバイスすることができます。
「就職活動は3年の冬からで大丈夫じゃないの?」
「私は1年生だから就職活動なんてまだ先」
なんて思っている人が多いのではないでしょうか。就職活動は学生時代に力を入れたことを面接や選考書類で多く聞かれます。主体性を持って何かに取り組んだ学生生活を過ごしていないと、履歴書やエントリーシートに何も書くことが出来ないのです。何もしていない学生生活を過ごした状態で就職活動に突入してしまったら、どんなことになるかは想像に難くないでしょう。
さて、第1回目のS&Sは10月11日に開催し、4人の学生が参加しました。「3年生の時にどんな準備をしたか」「就職活動を成功した人はどんな対策をやっていたか」など、後輩からの疑問に対して、就職活動を経験した4年生からの視点でアドバイスができました。
第3回目は10月25日にエントリーシート(ES)対策を実施し、3年生7人が参加しました。ESとは、自己紹介シートのようなものですが、たんに「自分がこれまで何をしてきたか」について書くだけではありません。学業、部活動、サークル、アルバイトなどの体験からどのような力を身に着けたか、また、その体験において自己をどのように発揮したかについて表現しなければなりません。「ESの基本を教えてほしい」、「自己分析から始めていきたい」等の相談が多くありました。ESは就職活動本番の3月直前に対策しても上手くはいきません。早めに対策することにお金はかかりませんので、自分はここに行きたい、という目標があるならば、行動することが達成に近づく第一歩です。
次回は11月15日木曜日、A313教室で「個人面接対策」を開催します。3年生だけではなく、1、2年生の参加も大歓迎です。
  • S&S
  • S&S
  • S&S