現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 研究活動
  3. 研究活動の不正行為への対応ガイドライン

研究活動の不正行為への対応に関する本学の取り組みについて

平成26年8月26日付け「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン(文部科学大臣決定)」に基づき、本学における研究活動の不正行為に対する取り扱いについて公表いたします。

本学における責任体制と権限体系について

責任体制 職名 責任と権限
最高管理責任者 学長 本学全体を統括し、研究活動上の不正に関して、最終責任を負う。
統括管理責任者 副学長 最高管理責任者を補佐し、研究活動上の不正に関して、本学全体を統括する実質的な責任と権限を有する。
研究倫理
教育責任者
総合研究所長 統括管理責任者の指示の下、研究活動の不正行為を防止するための研究倫理教育を実施する。
研究倫理
教育副責任者
研究支援委員 研究倫理教育責任者の指示の下、所属する部局の研究倫理教育を実施する。
事務局責任者 事務局長 研究活動の不正防止に関する事務の実質的な責任と権限を有する。


通報窓口の設置について

研究活動の不正行為に関する機関内外からの通報(告発)を受ける窓口を設置しました。
札幌学院大学内部監査室
〒069-8555
北海道江別市文京台11番地
TEL:011-386-8111
Email:naibukan@ims.sgu.ac.jp
※通報窓口の運営に当たっては、通報者に公益通報者保護法(平成 16 年法律第 122 号)を適用し、保護する方策を講じます。

相談窓口の設置について

研究活動の不正行為に関する機関内外からの相談窓口を設置しました。
札幌学院大学図書課研究支援係
〒069-8555
北海道江別市文京台11番地
TEL:011-386-8111
Email:research@ims.sgu.ac.jp
※通報窓口の運営に当たっては、通報者に公益通報者保護法(平成 16 年法律第 122 号)を適用し、保護する方策を講じます。

研究活動