loading

井手 正吾先生

先生達の中では、かなり年寄りで古くさい、井手です。
専門は、心理テスト(ロールシャッハ・MMPI)と病院臨床(精神科)です。
人の心は不思議なものです。変な「弱さ」もあれば、妙な「強さ」もあります。
それを探ったり、関わりで弱さを和らげたり、強さを伸ばしていくことは、難しく、悩ましいものです。でも、ちょい意味ある苦しみかもしれませんよ!?

大宮 秀淑先生

大宮 秀淑(おおみや ひでとし)と言います。私の専門分野は「効果的な脳トレとは何か?」についての研究です。
世の中にはいろいろな脳トレの方法がありますが、どんな方法が最も効果があるのかについて日々研究しています。
その他にも、心理臨床場面で使われる言葉の持つ意味や医療現場でのヒューマンエラーについても研究を進めています。
札幌学院大学で私と一緒に研究してみませんか?

葛西 俊治先生

ダンスセラピストの葛西です。精神科ディケアなどでのダンスセラピーのセッションを通じて、身体心理療法(こころとからだの両面に配慮して行うセラピー)を実践し研究しています。人間のからだは大変に正直で、本人が気がつかないうちに、無意識の内容が姿勢や表情や動きなどに浮かび上がってきます。そうした事実に基づいていくことは、実験心理学などの科学的心理学の基本と同じであり、現実や事実をしっかりと見つめることが基本となっています。

斉藤 美香先生

斉藤です。青年期のメンタルヘルスが専門です。「困った時に相談する」援助要請行動を適切にとれるための要因について、研究をしています。また、精神分析を現場で生かす研究もしています。心理学を学ぶことは自分を知ることに繋がり、生きる知恵や物事を多角的に深く理解する視点を増やすと思います。

佐野 友泰先生

学科長の佐野です。専門はアートセラピーです。皆さんが書いた絵や作った作品にはどんな意味が隠されているのでしょうか?また、このごろはアジア各国の学生さんが描いた絵や作品には、国ごとに特徴があるのか?熱い国と寒い国では違いがあるかなどを研究しています。皆さん、僕と一緒にこれらの秘密を探求してみませんか?

久蔵 孝幸先生

こんにちは!子どもと遊ぶことが僕の専門です。最近は年をとってしまいましたので、遊ぶのは若い学生さんに任せてますが、本当は自分が子どもと遊びたいのです。さて、遊びといっても捨てたものではありません。人の成長にはごくごく普通の毎日の体験と、時々の珍しい体験の両方が必要です。珍しいことよりも、毎日のあたりまえの体験を大事にしたいと思う人は、いっしょに仲良く遊びましょう。

手代木 理子先生

手代木です。小児科や学校でカウンセラーとして仕事をしながら、赤ちゃんから思春期までの子ども達の成長に、臨床心理学の立場から支援を考えていくことを研究テーマにしています。
今は身体にアプローチしていく心理療法に興味を持っています。

宮﨑 友香先生

宮崎です。臨床心理士として病院で働いてきた経験を活かし、医療現場での認知行動療法(考え方・ものの捉え方と行動パターンを見直すことによって心の困りごとを改善する方法です)が専門です。
また、心理テストなどの心理アセスメントをどのように用いるとクライエントさんがより自分のことを理解できたり、その後のカウンセリングや日常生活により役に立つかについても研究しています。
こういった分野に興味のある方、一緒に学びませんか?

村澤 和多里先生

村澤です。青年期の心理について研究しています。ひきこもりの若者の気持ちを理解すること、若者が一歩をふみだすために私たちができることを考えています。
それから、さまざまな事情で親元から離れて暮らさなければならない、児童養護施設の子どもたちへの支援についても研究中です。

室橋 春光先生

室橋です。脳の活動を調べることで心のありかたをさぐるという研究をしてきました。心のさまざまな問題は、社会の中で暮らす私たちの脳の処理の限界から生じているとも言えるのではないか・・・そのような心の問題のひとつとして、さまざまな「学び」をうまく進められずに悩む子どもたちのことがあります。脳の中でおきている「学び」のプロセスをいろいろな方法で調べ、その子にあったより良い「学び」かたで援助することができればと考えています。また20年以上にわたり、学習障害のある子どもたちの学習支援を行う土曜教室を開催してきました。子どもと親の方々から学ばせていただいたさまざまなことが、私の臨床経験の土台になっています。

森 直久先生

主に裁判心理学を担当する森です。
捜査の手法、犯罪抑止の方法、被害者の救済、加害者の更生、適切な取調べと事情聴取、自白と証言の信用性評価など、
犯罪や裁判に対する心理学の貢献が、近年大きな注目を浴びています。
人間一般に対する理解と、特定の人への個別的理解の両方を目指すのが心理学です。犯罪だけでなく、色々な状況での人間の心理と行動について、深く学んでみませんか。

山本 彩先生

こんにちは、山本です。私は行動療法という方法を使って、子育て支援や、発達障がい支援、または非行や触法からの復帰支援を主に行っています。モットーは、本人中心・あきらめない・固定観念にとらわれない。ぜひともに、新しい試みを行い、発信し、誰もが自分の力を発揮しやすい世の中づくりをしていきましょう!
心理学の先生たち

心理学の先生たち心理学の先生たち