現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 社会情報学部
  4. 学部長あいさつ

- 学び続ける人になってください - 社会情報学部長 皆川 雅章

大学での学びは、知識を直接得ることはもちろんですが、学びの過程を経験することによって、「学び方を学ぶ」という側面があります。何か新しいことに取り組もうとしたとき、それまでの経験や知識だけでは足りないために、自ら行動し新しい知識を取り入れていく必要があります。これは当たり前のことに思えますが、私自身の経験に基づいて言うならば、実はそれほど簡単でありません。目の前に新たな経験の場や、新たな知識の材料があっても、それに対してアプローチしていく方法を知らなければ、自分自身のものにすることは出来ず、期待した結果を得ることは困難です。

大学の講義は、それぞれの分野で体系的に整理された知識を得ることができるようにカリキュラム上で配置されています。履修中は気付きにくいかもしれませんが、最終的には、それぞれの講義を体系に沿って学ぶことを通じて、「学び方を学ぶ」訓練を行っていると言えます。言い換えると、4年間の履修を通じて、知識を探し集める方法、集めた知識を整理し体系化する方法、体系化した知識をもとに結論を導き出す方法を学んでいると言うことができます。

社会に出ると、大学で学んだ知識だけでなく、自ら新しい知識を得て活用していく必要があります。そのようなときに「学び方」を知っているかどうかが重要になってきます。これからのみなさんの人生は、大学在籍中の期間よりも、それ以降の期間の方がはるかに長いですので、是非このことを意識して履修し「学び続ける」人になってください。