現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 社会情報学部
  4. 社会情報学部の目的・目標・方針

社会情報学部の目的

社会情報学部社会情報学科は、社会情報現象の現代的諸問題を対象として、実践的学習を通じて培った広い視野と洞察力に基づいて情報収集と分析を行い、情報技術を用いた問題解決の方法をデザインし、それを現実社会に応用していく能力を開発・育成することを目的とする。

社会情報学部の教育目標

(1)自ら問題を発見し解決に向けて目標設定できる教養と専門知識を修得する。
(2)情報を収集・分析し、適切に加工・発信する力を育成する。
(3)情報システムを設計・構築する情報処理の知識と技術を身につける。
(4)広い視野から体系的・創造的な問題解決を図り、結果を自ら客観的に評価する姿勢を涵養する。

社会情報学部の求める学生像(アドミッション・ポリシー)

現代情報社会を担おうとする方で、次のいずれかに該当する人。
(1)理系科目・文系科目にこだわらず幅広い関心を持って学習し、その広い視点から社会の情報現象を把握・理解したいと考えている人。
(2)教科「情報」あるいは、その他情報系の専門科目を修得してその学習内容に関心を持ち、本学科でインターネット、データベースやマルチメディアなど、情報通信技術に関して、より深く学びたいと考えている人。数学I・数学Aの内容を理解していればなお望ましい。
(3)現代社会、倫理あるいは政治・経済などの公民科目を履修してその学習内容に興味を持ち、メディア、コミュニケーション、社会調査などの学習を通じて現代社会について理解を深めたいと考えている人。
(4)地域社会の諸活動に関心を持ち、積極的に取り組みたいと考えている人。なお、ボランティア活動など、実際に何らかの地域活動への参加経験があることが望ましい。

社会情報学部の教育課程編成方針(カリキュラム・ポリシー)

共通教育においては、「思考の深化」、「視野の拡大」、「生きる知恵の取得」を目標とする。この目標を実現するために基礎教育科目、教養科目を設け、汎用的技能の獲得と人間としてのあり方、生き方に関する深い洞察、現実を正しく理解する力を身につける。あわせて、現代の学生に求められる持続的な就業力の育成科目を設ける。また、高校から大学の学びへの接続のために、1年次に共通教育と連携した学部のリテラシー科目群と基礎ゼミナールを配置する。
専門教育では、社会情報学部の教育における柱となるデザイン、システム、そしてリサーチの3つの分野の能力をバランスよく育成するためのカリキュラム編成を行う。履修者が各自の関心・目的等に応じて履修計画を立てることができるように、これら3つの分野を組み合わせる形で「システムエンジニア系」、「Webデザイン系」、「メディア、コミュニケーション系」、「社会調査・データ解析系」、「情報教育系」の5つの系からなる履修モデルを設定する。これらの履修モデルで実践的・体系的な学習が行えるように、主として調査・分析・情報技術の分野で講義・演習一体型の科目、積み上げ方式の科目を配置する。専門ゼミナールの履修によって、知識・スキルを統合した問題解決の過程を学ぶ。また、他学科科目の履修についても認めることで幅広い基礎教養形成の条件を作る。

社会情報学部の学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

1. 人・組織・社会に対する歴史的、構造的な理解を深め、現代的、今日的な社会情報現象、種々のコミュニケーション、社会調査、情報技術に関する専門知識を修得していること。具体的には次の5つの能力を育成し評価する。
(1)社会の出来事を観察する能力
(2)身の周りにある情報の意味を理解する能力
(3)情報を収集・分析する能力
(4)情報を加工・発信する能力
(5)情報システムを設計・構築する能力
2. 社会情報学的アプローチによる問題解決を行うための状況判断・意思決定力、意思伝達と議論の能力、結果を得るに至る自らの思考、分析・判断、実践のプロセスを客観的に評価し、情報発信するためのプレゼンテーション技能を修得していること。
3. 社会の情報現象の中に自ら問題を発見し調査・分析できる広い視野と洞察力を身につけ、問題解決のために情報システムを設計・構築・評価し、解決手段の提供、各種方法論や情報技術の適切な利用などができる能力を修得していること。

社会情報学部