【Q】学内に立ち入りはできますか?

【A】「新型コロナウイルス感染症」感染拡大防止のため、学生及び学外者の大学構内への立ち入りを原則禁止とします。立ち入り制限期間は、下記のリンク先にて確認してください。

【Q】事務室の各窓口対応は可能ですか?

【A】4 月 17 日(金) から 6月 21 日(日)までの期間 各部署の窓口業務は行いません。
相談や問い合わせは電話やメールのみで対応します。

【Q】遠隔授業期間中でも大学のパソコンは使用できますか?

【A】遠隔授業は自宅で受講することが原則です。ただし、一定の条件を満たす学生に学内のパソコンの使用を認める場合があります。詳しくは情報ポータルで案内します。

【Q】これからパソコン環境を整えようと思いますがどうすればいいですか?

【A】例えば、札幌学院大学生協ではSurface Pro7の再販申込みを受け付けています。詳しくは札幌学院大学生協のHPを確認してください。

【Q】課外活動はいつまで停止ですか?

【A】課外活動ならびに第2キャンパスを含む大学施設の利用は6月22日以降、再開に向けた検討と準備を開始しています。(6月20日更新)
変更がある場合、大学HPや情報ポータルでアナウンスするので、大学からの情報に注意してください。

【Q】学食・売店は営業していますか?

【A】近郊に住むひとり暮らしの学生の食を守るため、札幌学院大学生協の管理の下でG館を開放します(月曜日~土曜日の11時~13時)に出入口を開け、動線を限定し、G館6階にて営業を行います)。
入口はG館 学生駐車側の出入口のみとなります。他から入館出来ませんので、ご注意ください。

【Q】新型コロナウイルス感染症に感染した(かもしれない)場合どうしたらいいですか?

 【A】保健センター又は教育支援課に必ず電話で相談・報告してください。
   保健センター電話番号:011-375-8501(直通)
   教育支援課電話番号:011-386-8111(代表)

【Q】遠隔授業期間中、実家へ帰省してもいいでしょうか?

【A】「新型コロナウイルス感染症」感染拡大防止のための緊急事態措置の期間中は、移動は極力避けてください。期間終了後は、情報ポータルを利用でき、遠隔授業が受講できる環境が整っていれば帰省してもかまいません。

【Q】休学・復学・退学の手続きをしたいときは?

【A】教育支援課へ

ゼミ担当教員等とよく相談し、教育支援課に電話で連絡してください。
休学が許可されると休学期間(学期)の学費が免除されます。学費の免除を受けるには、学期が始まる前までに手続きを取って下さい(学期が始まった後は、その学期の学費を納入していなければ規定により休学は許可されません。退学の手続きも同様です)。

【Q】学費を納期までに納入できないときは?

【A】総務課財務係へ

やむを得ない理由で授業料等の学費を納期までに納めることができない場合、納期の延期や分割して納入できる制度があります。総務課財務係に電話で相談してください。

【Q】奨学金が緊急に必要になったときは?

【A】学生支援課へ

新型コロナウイルス感染症の影響や、主たる家計支持者の失職・死亡または火災・風水害等で家計が急変し、学費を支払うことが困難となった場合、基準を満たせば緊急に奨学金を利用できる制度があります。学生支援課窓口へ電話で相談してください。

【Q】学生生活について個人的な悩み事があるときは?

【A】ゼミ担当教員・学生相談室へ

学生生活について個人的な悩みなどがある場合、ゼミ担当教員等に気軽にメールで相談してください。また、学生相談室も気軽に利用してください。学内入構制限中は電話相談で受け付けます。詳しくは下記学生相談室HPをご覧ください。

【Q】就職について相談したい(企業関係、教員、公務員等の資料が見たい)ときは?

【A】キャリア支援課へ

就職にかかわる相談、指導、助言等が必要な場合、キャリア支援課にメールもしくは電話で相談してください。企業関係、教員、公務員関係等、就職に関する多数の資料が常備されているので、学内入構制限解除後はぜひ閲覧してください。

最終更新日:2020年06月20日