建学の精神
建学の精神

札幌学院大学の草創は、札幌文科専門学院に始まります。

1945年の第2次世界大戦終結時、北海道には文科系の総合カリ
キュラムをもつ男女共学の高等教育機関はありませんでした。
戦地からの帰還者をはじめ、いかに生きるべきかを模索する
若者たちの中から

 「北海道に文系の学び舎を創ろう」

という声が沸き起こりました。この意欲溢れる若者たちと、
その声に共感する教職員によって1946年、本学の基礎をなす
「札幌文科専門学院」が築かれたのです。

この建学の精神は、その後「札幌学院大学」へと発展を遂げた
学園の精神的支柱となり、「大学の理念」にいかされています。

大学の理念

 自律 自律する力を育てる大学
 人権 人権を尊重する大学
 共生 地域と共生する大学
 協働 構成員で創りあげる

この理念にもとづく札幌学院大学の教育とは・・・

以下に、学生たちの学びを紹介します。
以下の写真をクリックして下さい。

  札幌学院大学の学び

各学部・学科の教育内容を紹介したパンフレットです。

  デジタルパンフレット

札幌学院大学の公式Facebookです。

  デジタルパンフレット