Korean Summer Session  韓国/東亞大學校
 
photo 東亞大學校
Dong-A University
Korean Summer Sessionは、日本の姉妹大学の学生に様々な韓国文化を伝えるために開設する2週間の短期交流プログラムです。韓国語の初級講座や韓国の社会、経済、文化などに関する特別講座のほか、韓国文化が体験できるアクティヴィティに参加し、韓国について全般的な理解を深める機会を提供します。韓国で特別な夏の思い出を作りたい皆さんの参加をお待ちしています。
voice photo
募集期間 毎年4月初旬~中旬
実施期間 8月5日~8月18日(2018年度) 詳細はお問い合わせください
内容

韓国語授業(計16時間)、韓国事情・文化特別講義(計6時間)
その他の活動 テコンドー(韓国伝統武術)、サムルノリ(韓国伝統音楽)、韓国食文化など。
釜山市内の観光、慶州などへのフィールドトリップ
韓国人学生とのパートナーシステム   詳しくはこちらをご覧ください

募集人数・

  応募資格

募集人数: 8名(年により異なります)
応募資格: 
①本学の学生であること(学部学科学年は問わない)。
②韓国の歴史や文化に興味を持ち、異文化交流に意欲的であること。
選考方法 「参加申込書」に記入された参加動機などの内容を考慮し、総合的に評価し選考します。
宿泊 大学内の学生寮に宿泊(2名一室) 各部屋には個別浴室、ベッド、机、椅子、たんす、電話などが備えつけられています。
参加費用 ・プログラムの参加費および宿泊費は免除
・渡航費は自己負担
・朝食を除く食費、および個人旅費は自己負担
 以上により旅費は約6万円前後を予定(渡航費用による変動が大きくなります)

その他の情報
イベント ・歓迎会・修了式
・韓国映画鑑賞、公演(NANTA、JUMPなど)観覧
気候 釜山では6月から9月初めまでは高温が続き、特に7月中旬から8月中旬までは海や山などが多くの行楽客で賑わいます。湿度の上がった地表熱による上昇気流のせいで、にわか雨も多くなりますが、6月下旬から7月にかけては梅雨の季節となり、梅雨が終わってからは本格的な暑さが続きます。釜山の8月の平均気温は26日ほどです。
ビザ

30日未満の観光目的で入国する日本人については、ビザがなくても入国できます。