Menu

新型コロナウイルス感染症に関する対応について(特設ページ)

本学での新型コロナウイルス感染症に関する対応についてまとめています。随時追加していますので、最新情報をご確認ください。

新型コロナウイルス感染症に関する札幌学院大学の対応について

危機管理レベル レベル2 (11月18日より12月31日まで)

※今後の社会状況等により、レベルを見直す可能性があります。
キャンパス入構制限

大学構内への立ち入りを原則禁止とします。(11月18日更新)

※なお、PC教室、学食、図書館の利用については、下記の在学生向けの案内をご覧ください。

窓口業務 事務局各部署の窓口業務は行いません。(11月18日更新)

在学生向け

<後期授業について>
原則、遠隔授業とします(一部の資格課程科目、大学院の科目は除く)(2020年11月18日更新)。
・各授業科目へはオンラインキャンパス(Moodle)からアクセスしてください。

<大学構内への立ち入りについて>
大学構内への立ち入りを原則禁止とします。
・【PC教室について】遠隔授業を受講する環境が十分でない、徒歩又は自転車のみで登校できる学生のみ事前登録(教育支援課に連絡)の上、許可します。使用可能な教室はA201、A202です。
・【学食について】月~土の11:00~13:30の営業時間に限り、徒歩又は自転車で来ることが出来る学生のみ利用可能とします。なお、出入口は、G館入口(学生駐車場側)に限定します。
・【図書館について】原則、休館とします(教員のみ利用可)。

<学生のみなさんへの要請>
・みなさんとみなさんの大切な人のために、各自の健康管理と、3つの密を回避する行動の徹底を強く要請します。
・複数での飲食を伴う会合や歓談はしないでください。
・アルバイトについて、「3密」環境が避けられない業務へ従事しないよう強く要請します。従事可能な業務の例として、オンラインなど遠隔業務、十分な感染防止策をとった上で社会生活の維持に必要とされる生活必需品の販売などの業務があります。

<経済援助について>
・アルバイトの自粛などにより経済的な心配が生じる方は、下記のページを参考にして学生支援課に相談してください。
新型コロナウイルスに係り緊急に奨学金が必要となった保護者・学生の皆様へ
・新型コロナウイルス感染症の影響を受け給与が減少した学生等も活用できる制度として、「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」(厚生労働省)がありますのでお知らせいたします。
新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金について

<課外活動について>
・原則、禁止とします。今後、大会が予定されている場合は個別対応致します(学生支援課に相談してください)。

<就職活動について>
・就職活動で、やむを得ず移動しなければならない場合についてはキャリア支援課へ報告・相談してください。キャリア支援課の利用などについては下記のホームページを見てください。
【キャリア支援課】就職活動中の学生および1~4年生のみなさんへ(第5報 11月18日更新)

その他

新型コロナウイルスの感染拡大にともなう子どもたちのストレスと対応について

新型コロナウイルスの感染拡大にともなう子どもたちのストレスと、その対応について、本学心理学部および心理臨床センターによるコメントを掲載しております。

問い合わせ先について

  新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴い、ガイダンスが中止あるいは短縮されて開催されます。また、大学構内への入構制限も長く続いたことから、在学生はもとより新入生も大学生活をおくるにあたり不安を抱えていることと思います。
 学生生活について、履修の仕方について、就職についてなど、聞きたい内容によってこちらの連絡先にご連絡ください。

最終更新日:2020年11月19日