Menu

〈お知らせ〉平成27年度一般入試(A日程)選択科目「政治・経済」における 出題ミスについて

平成27年度一般入試(A日程)選択科目「政治・経済」における 出題ミスについて

平成27年度一般入試(A日程)選択科目「政治・経済」における出題ミスについて
 
平成27年2月19日
 
受験生ならびに関係各位
   札幌学院大学      
学長 鶴丸 俊明
 
 平成27年2月6日に実施しました本学一般入試(A日程)の選択科目「政治・経済」の問題におきまして、出題ミス(誤字)がありましたので、ご報告申し上げますとともに、受験生並びに関係各位にご迷惑をお掛けしましたことについて、深くお詫び申し上げます。
今後は、このようなミスが起きないよう、問題作成体制を強化し、再発防止を図って参ります。

1.試験日時・科目・対象学部・合格発表日
①試験日時:2月6日(金)1時間目
②試験科目:選択科目「政治・経済」
③対象学部:人文学部(人間科学科、英語英米文学科、臨床心理学科、こども発達学科)、法学部(法律学科)、経済学部(経済学科)、経営学部(会計ファイナンス学科、経営学科)
④合格発表日:平成27年2月20日(金)

2.出題ミス(誤字)の箇所・内容
①出題ミスの箇所:問題冊子(p19)【1】問3(2)問題文
②出題ミスの内容:「統治行為論」を解答させる問題文で、次のとおり誤字がありました。

【 誤 】
高度に政治的な国事行為の合憲性については、性質上、裁判所のこの審査によらず、国会や内閣の判断、終局的には主権者である国民の判断に委ねられるべきとする議論がある。これを何というか、答えよ。
【 正 】
高度に政治的な国家行為の合憲性については、性質上、裁判所のこの審査によらず、国会や内閣の判断、終局的には主権者である国民の判断に委ねられるべきとする議論がある。これを何というか、答えよ。


3.出題ミス(誤字)による受験生への対応について
試験終了後の採点時に採点者が誤字を発見し、関係者で確認した結果、出題ミスにあたると判断しました。また、この誤字により解答への影響があったと判断し、「政治・経済」を受験した79名全員に【1】問3(2)の問を全員正解扱いとして、2点の加点措置を取りました。
なお、合否判定に関しては、合否判定会議前に対応したため、合否に影響はありません。

4.文部科学省への報告
平成27年2月18日付で以上の件に関し、文書にて文部科学省高等教育局大学振興課へ報告しました。
 
以上

 
  • 発行日: 2015年02月19日