Menu

〈重要〉札幌学院大学危機管理レベルの引き上げについて

札幌学院大学危機管理レベルの引き上げについて

2020年11月18日
札幌学院大学
学長 河西 邦人

学生の皆さん

新型コロナウイルスの感染が拡大していることから、北海道知事は11月17日から27日まで札幌市に限定し、警戒ステージを3から4に引き上げ、札幌市民へ外出や往来の自粛を要請しました。

北海道知事からの要請を受け、札幌市内に住む学生も多く、札幌市と近接している本学は皆さんの健康を第一に考え、11月18日水曜日に「札幌学院大学行動指針」に基づく危機管理レベルを1から2へ引き上げ、2020年12月31日まで危機管理レベル2を続けることを決定しました。これに伴い、授業は原則、遠隔授業へ変更し、また、皆さんの学生活動、学内施設の利用も制限します。それらの詳細は「新型コロナウイルス感染症に対する本学の対応について(特設ページ)」をご覧ください。


学生の皆さんは、これからも感染予防を徹底し新型コロナウイルスから身を守り、オンラインでの授業に取り組んでください。もし、皆さんが大学へ登校をできないことにより、不安、孤独、問題に直面した場合、所属するゼミやクラス担任へ相談してください。皆さんに寄り添った解決を一緒に考えます。

皆さんが大学内での学生生活へできる限り早く戻ってこられるよう、私たち、札幌学院大学教職員はこれからも邁進してまいります。大学キャンパスで皆さんの笑顔と出会える日が早く戻って来ることを心待ちにしています。
 

  • 発行日: 2020年11月18日
  • 札幌学院大学 総務課
    • 住所:北海道江別市文京台11番地
    • メールアドレス:soumu@ims.sgu.ac.jp
    • 電話番号:011-386-8111