Menu

公務員支援

公務員現役合格者によるイベントを開催しました

 12月2日(月)、LEC東京リーガルマインド様のご協力のもと、公務員志望者を対象としたイベント「公務員合格者から絶対合格の秘訣を知る」を実施しました。
 
労働基準監督官、国家一般職、北海道職員などの現役合格者3名が、公務員を目指して勉強に励んでいる後輩たちに向けて熱く語ってくれました。
 
労働基準監督官、国家一般職(行政北海道)、北海道庁(一般行政A)に最終合格をされた法学部法律学科4年生の河田さんは、筆記試験対策について、「得意・苦手科目を偏らずに勉強することが重要。専門科目の苦手分野(ミクロ経済学など)も根気よく学び、解けない問題は積極的に講師に質問し、公務員講座のWeb講義も活用した」といいます。また、部活動やアルバイトとの両立についても、自身の体験に基づいてアドバイスされました。
 
北海道庁(一般行政A)に最終合格をされた同4年生の溝口さんは、道庁の二次試験で課される小論文対策について、「1年生で受講した正課授業『論述・作文(白石 英才教授)』が役に立った。この授業で学んだ文章の書き方を復習したうえで、実際に書いた論文をLECの講師に何度も添削してもらった」と述べました。近年の公務員試験は、面接や小論文といった人物試験が非常に重視される傾向にありますので、最終合格のためにはこれらの対策も欠かせないようです。
 
また、合格者のみなさんが口を揃えて述べられたのは、どの分野においても基礎固めが重要であることです。とくに、出題数の多い数的処理については、「数的推理と判断推理を毎日10問ずつ解く習慣をつけた」、「基本問題を何度も繰り返し学習した」という声があがっていました。
 
札幌学院大学では、公務員を目指す2・3年生を対象に学内公務員講座を開講しています。また、法学部と経済学部では、正課授業で公務員対策講座を開講しています。
  • 公務員合格者イベント

公務員仕事研究セミナー&合格者との茶話会を開催しました【2年生向け講座募集中】

10月16日(水)、10月28日(月)の2日間、学内公務員講座運営担当LEC東京リーガルマインド様のご協力のもと、「公務員仕事研究セミナー&合格者と茶話会」を実施しました。
 
第1弾(10月16日)の前半は、元札幌市職員・LEC専任講師の今川先生より、札幌市役所と北海道庁における行政職の役割や対応すべき課題、学生時代に身につけておくべき力などについてご教授いただきました。公務員の行政職は、格差や貧困、超情報化などあらゆる社会の変化に対応していく仕事であることが示されました。また、働き方の特徴として、ワークライフバランスへの配慮や、職域や昇任などが性別で区別されないといった労働者としてのメリットにも触れられました。
後半は、今年度、北海道職員(一般行政・警察行政)、国家公務員(一般職・労働基準監督官)に最終合格された4年生と茶話会を行ないました。1年生から3年生までの学生たちが参加し、「1日あたりの学習時間は?」、「面接で志望理由をどう伝えた?」、「専門科目をどう学んだか?」などの質問がなされました。合格者の学生たちからは、実体験に基づく熱心なアドバイスがなされていました。
 
第2弾(10月28日)の前半は、LEC専任講師の豊臣先生より、北海道警察・札幌市消防に合格するための勉強法や面接・論文の対策についてご教授いただきました。文系の学生が苦手としがちな数的処理の重要性が強調され、一次試験突破のためにはそれぞれの試験傾向をしっかりと把握し、戦略を立てて効率よく学習していくことが大切であることをご教授いただきました。また、論文試験や体力試験、面接カードといった人物試験についても触れられ、合格のためになすべきことが具体的に示されました。
後半は、今年度、北海道警察(警察官)、北見市(消防吏員)に最終合格された4年生と茶話会を行ないました。他の試験との併願状況や、警察・消防独自の試験についてなど、後輩学生からさまざまな質問がされました。
 
さて、エクステンションセンターでは、2年次生対象「公務員ベーシック講座」の受講生を募集しています。この講座では、どの公務員試験を受験するにも必要な科目を基礎から学ぶことができ、3年生から本格的に始まる「公務員講座」へとスムーズにステップアップできます。申込締切は11月8日(金)16時30分までで、札幌学院大学生協旅行カウンターにて受け付けています。
 
  • 公務員セミナー
  • 公務員セミナー
  • 公務員セミナー