法律学科の目的

豊かな人間性の涵養のために広く知識を授けるとともに、法と政治をめぐる社会現象及び社会における法の役割と内容を教授研究し、人権感覚と国際感覚を基盤とした法的な思考能力を展開させ、個性が尊重される社会の実現に貢献しうる人材を育成することを目的とする。

法律学科の教育目標

法学部法律学科の教育目標は、次のとおりとする。
  1. (1) 人文・社会・自然の幅広い知識を身に付けさせ、社会の現実の一端に触れさせる。
  2. (2) 自らの将来について考える機会を提供し、将来の進路のために努力する姿勢を確立させる。
  3. (3) 一人ひとりの個性を大切にする感覚、国際社会における多様性を尊重する精神をはぐくむ。
  4. (4) 法や政治に関する社会現象を学ぶことを通じて、現代社会の諸問題に対する冷静で客観的な分析力を培う。
  5. (5) 法の理念や解釈に関する知識を習得させ、それに基づき現実の紛争に対して妥当な判断を下すことができるようにする。

法律学科の求める学生像

アドミッション・ポリシー

本学科は、以下の能力を身につけている者を受け入れます。

法学部法律学科の求める学生像

  1. (1) 高等学校卒業に相当する学力を身につけていること。
  2. (2) 高等学校等において、法学・政治学を学ぶ上で特に必要となる公民科、地理歴史科に関心をもち学習に積極的であること。
  3. (3) 高等学校で課外活動や学校内・学校外でのボランティア活動などの経験があり、協調性をもつこと。
  4. (4) 法学・政治学の専門知識と判断力を身につけ、自分の視野を広げ社会に貢献する意欲をもつこと。
  5. (5) 自らの将来について考え、選んだ進路に進めるよう4年間を通じてステップアップの努力ができること。

法律学科の教育課程編成方針

カリキュラム・ポリシー

教養教育として5つの科目群を体系的に設け、「基礎科目群」で現代社会を生きるための基礎力、「人文・社会・健康・自然科目群」で現代社会を豊かに生きるための教養、「キャリア・総合科目群」で生涯にわたって自律的に学び続ける力、「グローバル科目群」及び「地域連携科目群」で、グローバルと地域の視点から社会に貢献できる力の修得を目指す。 法学部は、入学して早い時期に「早期の小さな成功体験」(early small success)をしてもらい、それをファースト・ステップとしてステップ・バイ・ステップで専門知識を修得していくことと、専門知識と実践の融合を重視し、知識偏重に陥らず社会に貢献できる行動力を養うことを、カリキュラムの基本方針とする。

ディプロマ・ポリシーで掲げた目標を達成するための専門教育課程編成

  1. (1)1年次に必修科目である「憲法入門」「民法入門」を履修し法学に関する基礎知識を得るとともに、「基礎ゼミナール」で学修する姿勢を身につけさせる。
  2. (2)2年次から自らの進路に合わせてコースを選択し、それぞれのコースにおける専門科目の履修を通じて専門知識を深めながら、論理的思考力と判断力、発表力を発展させる。
  3. (3)地域活動の参加に向けた科目を設け、グローバルからローカルに至る様々なところで、現代社会が抱える諸問題の解決に向けて行動する力を身につけさせる。
  4. (4)早期の小さな成功体験に始まり、2年次以降にも資格・検定試験の受験を誘導するプログラムを設け、さらなるステップへの挑戦の誘導をはかる。

学修方法

  1. (1)「学部コア科目」に位置付けられる専門科目を履修し、法学・政治学に関する基礎知識を早期に身につけるとともに、少人数クラスの「基礎ゼミナール」において専門科目の学習に必要なスキルを学ぶ。
  2. (2)2年次から各コースの「基礎科目」「展開科目」の専門科目を履修し専門知識を学ぶととともに、「専門ゼミナール」を履修し法学・政治学等へ理解を深める。
  3. (3)裁判に関する専門知識を学び模擬裁判のシナリオを作ることで、紛争を法的な観点から解決する能力を身につける。
  4. (4)2年次からの少人数の履修者で発表・討論を中心とする「専門ゼミナール」において、法学・政治学等を学ぶことで論理的思考力と判断力、発表力を身につける。3年次にはゼミナール論文を作成することで客観的な考察力を身につける。
  5. (5)「模擬裁判ゼミナール」の履修で専門知識を実践的に活かす能力を身につけ、さらに地域活動等を単位認定する「地域インターンシップ」を履修し、グローバルからローカルに至る様々なところで他者とともに行動する実践的な能力を身につける。
  6. (6)1年次より法学検定試験ベーシックの受験を積極的に誘導し、早期の小さな成功を達成し、2年次以降にさらなる資格・検定試験を受験し、ステップ・バイ・ステップで自分の目標を達成する。

評価方法

  1. (1)「入門」系の専門科目では、定期試験の結果を柱に小テスト、レスポンスシート、提出課題などを総合的に考慮し成績評価する。「基礎ゼミナール」では、提出課題、発表内容や討論への参加状況などを考慮し評価する。
  2. (2)各コースの専門科目については、定期試験の結果を柱に、小テスト、レスポンスシート、提出課題などを考慮し評価する。
  3. (3)模擬裁判のシナリオ作りへの熱意、実演等を総合的に評価する。
  4. (4)「専門ゼミナール」では、発表内容や討論への参加状況などを総合的に考慮し評価する。
  5. (5)地域活動等については、単位認定する条件を満たしていること、さらに活動に関する発表、報告書等をもって評価する。
  6. (6)指定する資格・検定試験に合格した場合には単位認定をおこなう。

高大接続および上記専門教育課程への移行を円滑に行うための初年次教育

  1. (1)学生生活への適応を図り、大学生としての能動的・自律的な学習習慣・態度を身に付けさせるため、基礎ゼミナールを開講する。
  2. (2)教養科目と並行して、1年生配当の専門科目でも、ノートの取り方、計算基礎力、インターネットの活用術など、専門教育を受ける上で必要になるアカデミックスキルの修得を図る。

法律学科の学位授与方針

ディプロマ・ポリシー

本学科は、以下の能力を修得した者に学士(法学)の学位を授与します。

学位授与方針

  1. (1)法学的思考を広い視野の上で深めることができるよう、法学・政治学の基礎知識を身につけている。
  2. (2)法の条文解釈や判例の内容理解を通じて法学の専門知識を身につけている。
  3. (3)社会の紛争を法学的な観点にたち解決又は処理できる技能を身につけている。
  4. (4)法的事象・政治的事象について客観的に考察する力を身につけている。
  5. (5)法的事象・政治的事象について公正に判断する力を身につけている。
  6. (6)客観的な考察と判断を発表する能力とともに、他者と討論するコミュニケーション能力を身につけている。
  7. (7)一つの目標を達成したあと、次なる目標の達成に向け挑戦する気概をもって学び続けることができる。
  8. (8)紛争の解決に向け、グローバルからローカルに至る様々なところで、他者とともに行動する能力を身につけている。