Menu

1年次

大学で学ぶ意味と方法を理解し、
心理学及び臨床心理学の基礎を学んでいきます。

1年次の前期に開講される「臨床心理基礎ゼミナールA」では、大学生活への適応を図るため、少人数のゼミナール形式による講義を通して、ともに学ぶ仲間との関係を構築していきます。1年次では4年間の学びの基礎を創ることになります。
科目の特徴
臨床心理学概論
心理学的知見に基づき対人支援をおこなうのが臨床心理学です。臨床心理学の基礎や実際について網羅的に学びます。臨床心理学とその専門職の仕事について全体像を把握し、主な領域(査定、面接、地域援助、調査・研究)について基礎的理論と実情を学びます。年齢・年代毎に起こりやすい臨床心理的問題について知ることができます。 4年間の勉強の基礎となる講義です。
  • 「臨床心理基礎ゼミナールA」「臨床心理基礎ゼミナールB」
    1年次では、「臨床心理基礎ゼミナールA」(前期)で大学に慣れ、仲間と交流することを目的とし、「臨床心理基礎ゼミナールB」(後期)で様々な人とコミュニケーションの方法を学んでいきます。

2年次

「臨床心理応用ゼミナールA・B」は、
1年次から連続するゼミナール形式を通して
人との対話能力や感受性、自己表現力に基づく
「心理コミュニケーション力」を高めていきます。

心理学及び臨床心理学の基礎と研究を行うための方法論を学ぶとともに、実習や演習を通して臨床心理学の知見を体験的に深めていきます。
科目の特徴
応用実習A
グループワークを実際に体験しながらその技法と理論について体験的に学ぶことを目的とします。グループ・プロセスで起こるさまざまな問題に気づいたり、身体活動を通して心の動きを感じとるなど対人関係のあり方を学び自己理解を深めていくことを狙いとします。
将来、臨床心理士や福祉・児童・精神科領域などを進路として考えている学生は、自らの対人関係能力を高め、様々な現場で実施されている小集団での指導・セラピーの基礎を学ぶために必要な実習となっています。あるいは、進路とは特に関わりなく、対人的能力を伸ばすために必要な体験学習の場を提供する科目となっています。
  • 「臨床心理応用ゼミナールA」「臨床心理応用ゼミナールB」
    「臨床心理応用ゼミナールA・B」では、3年次の専門的な学習の基礎段階として、様々な臨床心理学のトピックについて学んでいきます。

3年次

「臨床心理学演習Ⅰ・Ⅱ」では、
1年間を通して少人数教育による
高い専門的知識を身につけていきます。

明確な目的と課題意識を持って演習に臨むことが求められます。同時に、臨床心理学演習Ⅰ・Ⅱにおいて研究した成果を土台として、4年次の「卒業論文」へ続くことも意識しておくことが必要となります。
科目の特徴
応用実習B
絵画や彫刻、コラージュや踊りなど様々なアプローチを含む「芸術療法」と呼ばれる心理療法について体験的に学習することを目標とします。 身体的存在としての人間が自らの身体によって何らかの思いを表出、表現したり、あるいは思いに導かれて何かを作製する営みそのものがアートであり、そうした営みによって生み出された事物が芸術的な作品となります。芸術療法には、芸術的な営みそのものに臨床心理学的意義を見出す「表出的芸術療法」と、作品の心理学的解釈や臨床心理学的評価を中心とするアプローチとがあります。実習では、芸術療法のそうした二つの面とその実際について理解を深めます。
  • 「臨床心理学演習Ⅰ」「臨床心理学演習Ⅱ」
    「臨床心理学演習」Ⅰ・Ⅱ」では、各教員が専門とする内容について少人数で学んでいきます。精神分析・心理テスト・認知行動療法・芸術療法など、臨床心理心理学の専門的な内容であり、教授方法も各教員によって異なります。

4年次

4年間の学修の総まとめを行う年次となります。

学びの集大成として「卒業論文」に取り組むことを通して、臨床心理的アプローチの技法や態度とともに、心理臨床における責任感や倫理観についても習得した「心理的援助スキル」を磨き、地域社会における心理学的課題の理解と解決に資する力を身につけていきます。
科目の特徴
臨床心理学特別講義A
一般企業就職活動・大学院進学・各種試験受験にチャレンジする臨床心理学科4年生が、ストレスコーピング、相互交流、各活動の体験の共有を行うことを目的しています。4年生は試験、就職活動において、孤独な自分との戦いを迎えていると思います。ストレスコーピングや相互交流、体験共有の講義・ワークを通じ、これらの孤独感を緩和し、より円滑に自分が取り組んでいる活動を進めていくことを目標とします。 14名の教員がそれぞれの専門を生かし、上記の目的のために「ストレスコーピング」をキーワードに、講義やワークを展開します。
  • 「卒業論文」
    卒業論文ゼミでは、学生それぞれが興味関心を持ったテーマについて、データをまとめ、ゼミ教員の指導の下、論文をまとめていきます。