Menu

臨床心理学科の目的

臨床心理学を中心にして、教育学、精神医学、人間科学などの心理臨床に関連する他分野も併せて学びつつ、さまざまな人間の心の問題の理解と適切な援助を行えるような人材を育成する。特に、臨床現場における実践家としての基礎的教育を提供し、地域社会に貢献できる心理臨床の知識と技能を習得することを目的とする。

臨床心理学科の教育目標

心理学部臨床心理学科の教育目標は、次のとおりとする。
  1. (1) 講義と実習を通じて、人との対話能力や感受性、自己表現能力に基づく「心理コミュニケーション力」を備えた人材を育成する。
  2. (2) 講義と実習を通じて、臨床心理的アプローチの技法や態度とともに、心理臨床における責任感や倫理観についても習得した、「心理的援助スキル」を備えた人材を育成する。
  3. (3) 講義と演習を通じて、人間の心理についての洞察力と自己成長を促進する力を育成し、人間存在に対する深い理解に基づく尊重の精神を備えた人材を育成する。
  4. (4) 地域社会ならびに様々な領域における心理学的課題の理解と解決に資する人材を育成する。

臨床心理学科の求める学生像

アドミッション・ポリシー

本学科は、以下の能力を身につけている者を受け入れます。

心理学部臨床心理学科の求める学生像

  1. (1) 高等学校卒業に相当する学力を身につけていること。
  2. (2) 国語、社会、数学、理科、英語などの基礎的学習を通し、心理学を学ぶために必要な基礎知識を習得していること。
  3. (3) 問題を抱えた人の心を研究するために、人間存在に関する深い理解を通して問題の背景について考える力があること。
  4. (4) 心の問題を抱えた人を援助するために、状況に合わせて適切に判断する力を有していること。
  5. (5) 先入観にとらわれず、柔軟な視点でものごとを捉える姿勢があること。
  6. (6) 人間尊重の立場から地域社会に貢献しようとする意欲があること。

臨床心理学科の教育課程編成方針

カリキュラム・ポリシー

教養教育として3つの科目群を体系的に設け、「基礎科目群」で現代社会を生きるための基礎力、「人文・社会・健康・自然科目群」で現代社会を豊かに生きるための教養、「キャリア科目群」で生涯にわたって自律的に学び続ける力及び社会に貢献できる力の修得を目指す。

【教育課程の編成方針】

ディプロマ・ポリシーで掲げた目標を達成するための専門教育課程編成

  1. (1) 心理学、臨床心理学、精神保健福祉学の基礎領域における必修科目として、心理学基礎領域、演習領域、研究基礎領域の3領域からなる専修基礎科目を配置する。
  2. (2) 心理コミュニケーション力と心理的援助スキルの実践的養成に関わり、心理臨床実習科目と心理臨床・実践職能科目とからなる専修実習科目を配置する。
  3. (3)  心理学、臨床心理学、精神保健福祉学とその展開を構成する多様な領域に接し多面的かつ専門的な理解力を養成するため、基礎心理学関連領域、発達・教育心理学関連領域、社会・産業心理学関連領域、医療福祉領域、心理療法関連領域、臨床心理学研究領域ならびに卒業論文の7領域からなる専修科目を配置する。
  4. なお、上記に加えて他学科科目の履修を認めることで幅広い基礎教養形成への道筋を用意する。

【学修方法】

  1. (1) 講義・演習による学修:学生の関心領域に基づいた心理学、臨床心理学、精神保健福祉学の専門的知識や技能を段階的に学んでいく。アクティブ・ラーニングを取り入れ、学生の興味や関心を引き出しつつ、協働して問題を解決することができるようにする。
  2. (2)  体験・実技習得による学修:学外施設の見学・研修、外部の専門家の招請、また学内での実技実習などを通して臨床的現場での現実を見聞し、心理学、臨床心理学、精神保健福祉学の専門家としての基本的な考え方や心理的援助スキル、心理コミュニケーション力などの体験的習得を目指す。
  3. (3)  社会人としての素養が身につく学修:それぞれの科目においても(1)(2)の学修方針を重視し、専門的知識だけではなく、多様な人間や社会への理解や洞察を深めていくと同時に、社会人として教養が身についていくように授業を展開する。

【評価方法】

  1. (1) 講義科目については、定期試験、レポートなどによって、またアクティブ・ラーニングでは小テスト、リアクションペーパーや小レポートなどによって、心理学、臨床心理学、精神保健福祉学の専門家としての基本的な考え方や技法、対人姿勢などについて履修者の到達度を把握する。
  2. (2) 演習科目および実習科目については、授業内の取り組み状況と課題提出によって、心理学、臨床心理学、精神保健福祉学に基づく、理解力・実践的対応力が身についたかを把握する。
  3. (3) 卒業論文については、提出される論文の内容と発表会の内容に基づいて心理学、臨床心理学、精神保健福祉学に関する理解度と、これらを活用して課題を解決する力の到達状況を把握する。

【初年次教育】

高大接続および上記専門教育課程への移行を円滑に行うために、以下の初年次教育を行う。

  1. (1)  学修概念の転換:初年次には、大学生としてのアイデンティティー形成の一環として、大学入学までの受動的・管理的な学修概念から、能動的・自律的・双方向的な学修概念への転換を促す。
  2. (2)  モチベーションの増進:心理学、臨床心理学、精神保健福祉学の概論を一年次に学ぶことで、幅広く当該分野の全貌を把握するとともに、その中でも興味がある分野を発見し、モチベーションが増進するように促す。
  3. (3) コミュニケーションの充実:教員と学生のコミュニケーションをはじめ学生同士の交流や大学各部門の相談の場の活用を促し、大学生活へのスムーズな移行と適応を図る。

臨床心理学科の学位授与方針

ディプロマ・ポリシー

本学科は、以下の能力を修得した者に学士(臨床心理学)の学位を授与します。

学位授与方針

  1. (1) 人間と社会の多様性について総合的に理解することができ、人間と人間を取り巻く環境について幅広い基礎的知識を身につけている。
  2. (2)  心理学、臨床心理学、精神保健福祉学の専門知識を有し、心理コミュニケーションならびに心理的援助の基礎的スキルを修得している。
  3. (3) 社会の様々な職域の臨床的課題について心理学、臨床心理学、精神保健福祉学の視点から科学的に探求することができる。
  4. (4) 臨床にかかわる職責を理解して、人間性と技術を養い、人と社会の福祉に役立てる姿勢がある。
  5. (5) 人間尊重の精神に基づいて、心理的諸問題を解決すべく、地域や社会に貢献しようとする姿勢がある。
  6. (6) 関連領域の専門家や関係者と連携・協働する姿勢がある。