臨床心理学科の目的

臨床心理学を中心にして、教育学、精神医学、人間科学などの心理臨床に関連する他分野も併せて学びつつ、さまざまな人間の心の問題の理解と適切な援助を行えるような人材を育成する。特に、臨床現場における実践家としての基礎的教育を提供し、地域社会に貢献できる心理臨床の知識と技能を習得することを目的とする。

臨床心理学科の教育目標

心理学部臨床心理学科の教育目標は、次のとおりとする。
  1. (1) 講義と実習を通じて、人との対話能力や感受性、自己表現能力に基づく「心理コミュニケーション力」を備えた人材を育成する。
  2. (2) 講義と実習を通じて、臨床心理的アプローチの技法や態度とともに、心理臨床における責任感や倫理観についても習得した、「心理的援助スキル」を備えた人材を育成する。
  3. (3) 講義と演習を通じて、人間の心理についての洞察力と自己成長を促進する力を育成し、人間存在に対する深い理解に基づく尊重の精神を備えた人材を育成する。
  4. (4) 地域社会ならびに様々な領域における心理学的課題の理解と解決に資する人材を育成する。

臨床心理学科の求める学生像

アドミッション・ポリシー

人間尊重の立場に立って地域社会を担おうとする意欲を持つ、以下のような学生を求めます。

心理学部臨床心理学科の求める学生像

  1. (1) 他者を支援するために必要な、人間尊重の態度をもつ人。
  2. (2) 人との関わりを通して、自らの潜在的な資質を成長させる意欲をもつ人。
  3. (3) 先入観にとらわれず、柔軟な視点からものごとを考える姿勢をもつ人。
  4. (4) 臨床心理学とその関連領域(福祉、医療、教育など)における実践体験を、それぞれの学問的知見と統合して理解しようという意思をもつ人。
  5. (5) 将来、臨床心理学の知見を活かして、地域に住む人々のさまざまな心の問題を支援したいという意思をもつ人。

高等学校段階で習得すべき内容・水準

臨床心理学は、様々な心理的な問題を研究し、そうした問題をかかえる対象者を支援する方法を扱う学問です。他者を正しく理解するためには、コミュニケーションの力を必要とします。高等学校では教科全般に関心を持ち、様々な人と接する機会を積極的に設けることを期待します。

臨床心理学科の教育課程編成方針

カリキュラム・ポリシー

教養教育として3つの科目群を体系的に設け、「基礎科目群」で現代社会を生きるための基礎力、「人文・社会・健康・自然科目群」で現代社会を豊かに生きるための教養、「キャリア科目群」で生涯にわたって自律的に学び続ける力及び社会に貢献できる力の修得を目指す。

ディプロマ・ポリシーで掲げた目標を達成するための専門教育課程編成

  1. ①心理学ならびに臨床心理学の基礎領域における必修科目として、心理学基礎領域、演習領域、研究基礎領域の3領域からなる専修基礎科目を配置する。
  2. ②心理コミュニケーション力と心理的援助スキルの実践的養成に関わり、心理臨床実習科目と心理臨床・実践職能科目とからなる専修実習科目を配置する。
  3. ③臨床心理学とその展開を構成する多様な領域に接し多面的かつ専門的な理解力を養成するため、基礎心理学関連領域、発達・教育心理学関連領域、社会・産業心理学関連領域、医療福祉領域、心理療法関連領域、臨床心理学研究領域ならびに卒業論文の7領域からなる専修科目を配置する。また、心理学に隣接する諸分野についても学びを深め、人間と社会との関係について総合的に理解する力を育成するために心理学関連科目を配置する。
  4. なお、上記に加えて他学科科目の履修を認めることで幅広い基礎教養形成への道筋を用意する。
上記①~③の学修方法及び学修過程の評価方法は次の通りである。

学修方法

  1. ①科目やテーマにより講義方式または適宜アクティブ・ラーニング形式となる中で、能動的・双方向的に知識集積ができるようにする。
  2. ②実践的で双方向的な体験型学習に基づいて臨床心理学的理解と倫理的理解を深める。特に、コミュニケーションや援助が困難な現場を想定した実習を経験することにより、総合的あるいは専門的なコミュニケーション力と対応スキルが身につくようにする。
  3. ③それぞれの専門領域の講義内容を修得し、臨床心理学の総合的理解に寄与する様々な領域の知識を身につけるようにする。

評価方法

  1. ①講義方式では定期試験、課題提出などによって、またアクティブ・ラーニング形式では小テスト、リアクションペーパーや小レポートなどによって履修者の到達度を把握する。
  2. ②リアクションペーパーや小レポートあるいは実習課題への取り組み状況の評価などによって理解力・実践的対応力が身についたかを把握する。
  3. ③講義方式については定期試験、レポート、リアクションペーパーなどを中心として知識と理解力を把握し、卒業論文については提出される論文の内容と発表会の内容に基づいて臨床心理学に関する理解度と到達状況を把握する。

高大接続および上記専門教育課程への移行を円滑に行うための初年次教育

  1. ・受動的・管理的・一方向的な学生生活から、能動的・自律的・双方向的な学生生活へスムーズに移行し大学適応が促せるよう、一年次ゼミを実施する。
  2. ・臨床心理学の概論を一年次に学ぶことで、幅広く当該分野の全貌を把握するとともに、その中でも興味がある分野を発見し、モチベーションを高めるようにする。

臨床心理学科の学位授与方針

ディプロマ・ポリシー

本学科は、以下の学修成果を満たし、所定の科目及び単位を修得したものに学士(臨床心理学)の学位を授与します。

学位授与方針

  1. ①人間と人間を取り巻く環境についての幅広い基礎知識の上に、臨床心理学の専門的知識を修得していること。
  2. ②社会の様々な現場や職域における人間心理の理解に基づいて、総合的あるいは専門的心理領域における「心理コミュニケーション力」を修得するとともに、臨床心理学における倫理観のもと、適切な援助を行うための基礎となる総合的あるいは専門的心理領域における「心理的援助スキル」を修得していること。
  3. ③臨床心理学の多面的で専門的な学びとともに、心理学に隣接し人間と社会の多様性に関わる総合的な理解を修得していること。