Menu

経営学科

Department

【経営学科】「コロナウイルスに負けるな北海道!!応援プロジェクト」に取り組んでいます(7)

2020.08.10

お知らせ 広報プロジェクト
経営学部でマーケティングを研究する3年の碓井ゼミナールでは、遠隔授業になった4月からのゼミナール企画として、「コロナウイルスに負けるな北海道!!応援プロジェクト」に取り組んでいます。各自、協力していただける企業やお店を探しながら、SNSを活用した広報やリーフレットを作成しています。その中でも今回は、昭和3年札幌で開業し、昭和23年からは岩見沢市にて海産物の卸・小売をする「株式会社河口屋」様にご協力いただいた学生の取り組みを紹介させていただきます。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
経営学部経営学科3年 井上 佳華

■私が応援したい企業さんは、「株式会社河口屋」さんです。昭和3年に札幌すすきの公設市場において海産物小売業を開始し、昭和23年に岩見沢にて卸・小売業を開業した歴史ある会社で、現在は鮮魚・海産物・冷凍魚介・乾物・精肉・一般食品・業務食材などを扱う、岩見沢の地域に密着した総合卸問屋です。
■岩見沢市は北海道の中央に位置し、海が近い土地とは言えませんが、河口屋さんでは新鮮でおいしい商品を取り扱っています。私の家でもよく利用させていただいていますが、特に「銀だらの粕漬け」は、脂ののったギンダラを特製粕でじっくり漬け込んであり、長年にわたって幅広いファンから支持されている逸品です。
■この度の新型コロナウイルスに対して、河口屋さんはこれまで以上に衛生面に気を付けて営業をしています。今までのようなお店の方の笑顔はマスクに隠れてしまい残念ではありますが、地域に寄り添う河口屋として、一人ひとりのお客様を大事にし、商品についての質問や世間話も丁寧に対応しています。私は、そのように長年地域の人に密着してきた河口屋さんだからこそ応援したいと思い、取材をさせていただきました。私の作成したリーフレットを見て、河口屋さんに興味を持っていただけたのならぜひ足をお運びください。また、河口屋さんで扱っている商品など詳しい内容はホームページからご覧いただきたいと思います。そして、お店に行けないけど商品に興味がある!という方は、河口屋では「北海道ふるさと生鮮宅急」というカタログ通信販売も行っていますのでご利用ください。
■河口屋さんにお越しの際は、丁寧で優しく話しかけやすいお店の方が出迎えてくれますので、世間話をしつつお買い物を楽しんでいただければと思います。宜しくお願い致します。



河口屋案内
  • 発行日: 2020.08.10
  • 札幌学院大学 教育支援課 経営学部係
    • 住所:江別市文京台11番地
    • 電話番号:011-386-8111