Menu

経済学科

Department

【経済学科】K-salon 経済学科の個性豊かな教員たち~王研究室

2022.06.14

お知らせ

学部長が巡る研究室の旅

片山学部長
経済経営学部学部長の片山です。
大学では、教員は「研究室」と呼ばれる個室で、研究活動や授業の準備、学生の相談対応などの仕事をしています。
経済学科の研究室は18室。さて、どんな人がどんな仕事をしているのでしょう。
しばらくコロナウィルス感染予防のために中断していた研究室訪問ですが、少しずつ再開しようと思います。
さぁ、研究室のドアを開いて聞いてみましょう。

NO.9 王 佳星研究室

校舎

 街並みに馴染むオシャレなキャンパス

片山:王先生、こんにちは。先生が赴任して1年が経ちますが、札幌には慣れましたか?
:大学は東京でしたので、初めての雪国での生活は新鮮なことばかりで。冬に暖かい部屋で食べるアイスは格別ですし、海鮮は安くて美味しくて幸せを感じます。季節ごとの景色はどれも美しく、ステキな街だなぁと思います。新札幌キャンパスは地下鉄やJRの駅からも近いですし、オシャレなキャンパスで通うのが楽しくなりますよね。4ヶ月にも渡る雪の生活はちょっと大変でしたが、少しずつ慣れてきました。雪道もスイスイ歩けるようになりましたよ。

大学院生から大学教員へ

王先生

  学部長へ学生の活動状況を報告

片山:王先生は、大学院修了後すぐに本学に赴任されましたが、院生時代からどんな変化がありましたか?
:教わる側から教える側になったので、自分の知識をいかに分かりやすく学生へ伝えることができるか、常に意識するようになりました。私は、教員の成長は学生の成長に繋がると考えているので、新しい知識を常に整備し、研究を深めていく姿勢を追求しています。さらに、学術的なことを教えるとともに、学生を一人前の社会人として育てていくことも教員の責任ですので、身を引き締めて学生とともに頑張りたいと常に思っています。

高校生のときは弁護士を目指していました

王先生
片山:幼いころから大学教員を目指していたのですか?
:高校まではずっと弁護士になりたいと思っていて、大学入試は法学部が第一志望でした。でも残念ながら、志望大学すべて不合格で…今となっては、経済学に目を向けるきっかけとなったので、結果的には良かったのかもしれません笑。思いがけず、日本の大学で教員の職に就けて、今は感謝の気持ちでいっぱいです。

7月オープンキャンパス模擬講義のテーマは「経済学」を実践せよ

王先生

  ゼミではマスク製作を行いました

片山:7月のオープンキャンパスでは、模擬授業を担当されるそうですね。準備は進んでいますか?
:今回は、「経済学」を実践せよ:あなたの個性を生かす経済学科のゼミナール というテーマで環境問題から想起した商品開発の事例を取り上げます。昨年のゼミで環境保護を喚起するためのアイディアとしてマスクを製作したのですが、製作の過程などを紹介しながら、ゼミで体験できる経済学的な実践を説明します。
 

高校生の皆さんには環境問題と商品開発に触れてもらいます

王先生

 高校生にゼミ活動を伝えるのが楽しみです

片山:環境問題と商品開発ですか!経済学は理論を学ぶイメージが強いですけど、王ゼミはフィールド調査なども行いながら、経済学を肌で実感する学びに取り組んでいるのですね。
:当日はゼミ生が製作したマスクをご覧いただこうと思っています。
片山:それは楽しみですね。どんなデザインなんだろう。
:オープンキャンパスまでナイショです。模擬講義は時間が限られているので、普段の授業のように受講生に前に出てもらい回答してもらう、というスタイルはできませんが、経済学の楽しさが伝わるように工夫しているので、気軽に参加してもらいたいです。
片山:私も模擬講義、楽しみにしています!
  • 発行日: 2022.06.14
  • 経済経営学部経済学科