Menu

経済学科

Department

【経済学科】9月オープンキャンパス模擬講義『今日買った「ぱんじゅう」が支える豊かな国とGDP』

2022.09.15

お知らせ

経済学を学ぶとどんなことに役立つの?

9月18日(日)13:00より、オープンキャンパスを江別キャンパスにて開催します。

2021年4月に新設された新札幌キャンパスで『経済経営学部 経済学科』がスタートしました。
新しく美しいキャンパスで、よりパワーアップした内容を学ぶことができます。
オープンキャンパスでは、経済学科の魅力的な学びのエッセンスを数回に分けてお届けします。
お楽しみに!

『今日買った「ぱんじゅう」が支える豊かな国とGDP』

南川先生

模擬講義担当の南川 高範 講師

注目の模擬講義は....

『今日買った「ぱんじゅう」が支える豊かな国とGDP』
講師:南川 高範
模擬講義内容を少しだけ紹介。

【模擬講義の概要】
経済学にどんな印象をもっているでしょうか。
本講義は、経済学を学ぶことでどんなことに役立つのか。経済学が目指す豊かな国とはどんなものか、豊かさを表す経済学のことば「付加価値」とはどんなものかを学びます。
経済学と聞くと、ヒトの動きやモノの取引、カネの流れを学ぶ学問であり、自分とは遠い話題が多い学問だと考えている人も多いのではないでしょうか。この講義は、経済学がいかにみなさんに身近で、生活に応用できるものかという視点から、イメージしやすい簡単な例を使って講義を行っていきます。

【この講義のみどころ】
経済学科では、経済学を理論的に勉強する幅広い専門課目が設置されていると同時に、経済学の知識を現実社会に応用していく環境も整えられています。この授業では、過去に「ゼミナール」で行った環境問題から想起した商品開発の事例を取り上げ、学んだ知識で現実の社会問題を理解し、さらに解決するために何ができるのかについて、紹介します。

【講師からのメッセージ】
新聞やテレビなどの情報メディアから流れるニュースを見ると、近年の経済状態が悪いという実感はあるでしょう。大学で経済学を学ぶことで、直感的な実感を、理屈で理解することを目指してみませんか。
  • 発行日: 2022.09.15
  • 経済経営学部経済学科