こども発達学科

Department

【こども発達学科】子どもの視点で作品紹介、教師の視点で評価

2011.11.29

授業・課外活動

子どもの視点で作品紹介、教師の視点で評価

「ものづくりと子ども発達」の受講者がA・Bグループに分かれて、二グループ同時並行で授業をすすめています。
 

子どもの視点で作品紹介、教師の視点で評価
子どもの視点で作品紹介、教師の視点で評価
子どもの視点で作品紹介、教師の視点で評価
子どもの視点で作品紹介、教師の視点で評価
Aグループの11月2日、9日、16日の3回の授業では、落ち葉でポスターづくりをしました。子どもになったつもりで、各人が思い思いのテーマや落ち葉の使い方で自由に作品をつりました。いろいろな作品ができましたが、講義の最後には、そのポスターを制作した学生が自分の作品を子どもの視点で紹介し、他の学生が教師の視点で作品評価をおこないました。なかなかの力作がありました。こども発達学科のタイトルになるような作品もありました(HP”こ発の森“切り株コーナーに掲載)。 
 
(by Koide)
  • 発行日: 2011.11.29