Menu

人文学部

Faculty of Humanities

学部長あいさつ

greeting

人文学部長 中村 敦志
人文学部学生の皆さんに贈る言葉
本学は札幌文科専門学院に始まり、札幌短期大学、札幌商科大学、そして現在の札幌学院大学へと発展を遂げ、2016年には学園創立70周年を迎えました。人文学部は札幌商科大学時代の1977年に創設されました。「真に人間尊重の立場に立つ総合的な人間の科学とそれにもとづく教育システムの創造」をめざす人間科学科と札幌短期大学英文科に起源をもつ英語英米文学科の2学科で出発しました。

その後、2001年に臨床心理学科を、さらに2006年にはこども発達学科を開設しましたが、いずれも人間科学科に起源をもつ学科です。いまでは多くの大学で「人間」や「人間科学」を冠した学部・学科が開設されていますが、創設時代の「人間科学」という名称は、当時としてはまだ珍しく、全国で3番目の学科として発足しました。進取の気性をもち、また先見の明をもった学部の先達が「人間科学」を立ち上げたことは私達の誇りでもあり、その伝統は今も脈々と受け継がれています。

人間科学科では、2020年度から「ソーシャルワーク専攻」「教育・心理専攻」「地域文化専攻」という3つの専攻から構成される新カリキュラムをスタートさせました。専攻制を採用することで、将来を見据えた体系的な学びが可能となります。英語英米文学科は2016年度から新カリキュラムをスタートさせ、英語・コミュニケーション分野を一層、充実発展させています。こども発達学科は2014年度から「保育士養成カリキュラム」を開講し、保育士志望の学生にも道を拓くことが可能となりました。教職課程をはじめ、人文学部3学科には資格取得のためのカリキュラムが豊富に用意されています。皆さんの希望を実現するために、その扉を開くべく、その道の専門家が全力で支援いたします。

どの学科においても、履修科目は系統立てられて配列されています。皆さんは教養科目と共に学科専門科目を学びますが、キャンパスにおいてだけが、それも座学の講義形式だけが授業ではありません。学外での実習、フィールドワークはもとより海外での短期・半期の研修や留学も用意されています。また、沖縄国際大学をはじめとする国内留学制度もあります。人文学部は皆さんに多様な学びの場を提供しています。

札幌学院大学の理念は、「自律」「人権」「共生」「協働」の4つの柱からなります。先の「真に人間尊重の立場に立つ総合的な人間の科学」をめざす精神はこれら4つの柱と不可分に結びついています。人文学部の英語表記はFaculty of Humanitiesです。皆さんの学びは、学部の名称のとおり、humanityがその根底になければなりません。自分だけ良ければよいと考えるだけでは本当の喜びは得られないでしょう。他者の共感が得られる心の豊かな人間になっていただきたいと思います。現代社会は刻々と変化しあるいは激動しており、皆さんを取り巻く環境はまことに厳しいものがあります。すぐ役に立つものは、すぐ役に立たなくなることも大いに予想されます。

4年間をとおして人間を見る目、社会や世界を見る確かな目を養っていただきたいと思います。そのために、教職員は皆さんの学びをあらゆる面で支援いたします。