Menu

奨学金・奨励金・教育ローン等

本学では、学問への強い意欲を持ちながら経済的理由により修学に困難がある人をサポートする奨学金制度をはじめとして、課外活動や留学などを支援する奨励金制度も充実しています。

スカラシップ特待生

一般スカラシップ入学試験及び、大学入学共通テスト利用スカラシップ入学試験は、一般入試及び大学入学共通テスト利用入試と同日程で実施し、3教科受験となります(全学科共通)。その入学試験で合格した方は「スカラシップ特待生」となり1年次の授業料を免除すると共に、入学後の学業成績が一定の基準以上に達していれば、最長4年間の授業料免除が継続されます。
 
また、総合型選抜・学校推薦型選抜の入試制度で合格し、入学手続きを完了した方を対象に、手続き学科に限り本学への検定料不要で「スカラシップ特待生」または下記の「成績優秀者奨学金制度」へ挑戦することができます。
 
なお、「スカラシップ特待生」「成績優秀者奨学生」として入学した方は、本学の学修活動全体の活性化を図ると共に、自分の将来像をイメージしてもらい大学生活の目的や目標を、明確かつより高いところを目指していただけるよう、入学後は別に開催されるガイダンスやプログラムに参加していただきます。

札幌学院大学は、入学後の皆さんを学びの面と資金面でサポートし続けて行きます。

成績優秀者奨学金制度〈最長4年間継続可能〉

 札幌学院大学では学業面での努力を報奨することを趣旨とした「成績優秀者奨学金制度」を実施しております。この制度は、公募制入試【基礎学力重視型】(指定校入試希望者含む)および一般選抜(全日程)の受験生で定められた得点(下表参照)に達し、入学する者には1年次の前期授業料(公募制入試では得点によって全額)を免除すると共に、入学後も学業成績が一定の基準に達していれば、最長4年間の半期授業料免除が継続されます。
 
さらに、総合型選抜、学校推薦型選抜、一般選抜(A日程)で合格し、入学手続きを完了した方を対象に、手続き学科に限り本学への検定料不要でチャレンジすることが出来ます
なお、「成績優秀者奨学生」として入学した方は、本学の学修活動全体の活性化を図ると共に、自分の将来像をイメージしてもらい大学生活の目的や目標を、明確かつより高いところを目指していただけるよう、入学後は別に開催されるガイダンスやプログラムに参加していただきます。
 
札幌学院大学は、入学後の皆さんを学びの面と資金面でサポートし続けて行きます。
 
公募制入試【基礎学力重視型】(指定校入試希望者含む)
学科 満点 得点 免除額
全学科 200 180~200 授業料全額
全学科 200 160~179.9 前期授業料
 
一般入試
学科 満点 得点 免除額
全学科 300 210~300 前期授業料

共通テスト利用入試
学科 満点 得点 免除額
全学科 600 390~600 前期授業料
※但し、入学金、教育充実費、諸費用は免除されない。
※入学後も学業成績が一定の基準に達していれば、最長4年間の授業料免除が継続される。
※「成績優秀者奨学金制度」は毎年見直しを行っております。

経済援助奨学金

 日本学生支援機構奨学金 給付奨学金が採用になった方が対象となります。高等教育の修学支援新制度に伴う授業料・入学金の免除/減額に対応しています。

授業料・入学金の免除/減額(年額)
授業料
第I区分 700,000円
第II区分 466,700円
第III区分 233,400円
入学金
第I区分 120,000円
第II区分  80,000円
第III区分  40,000円
※免除の対象外となる教育充実費、委託徴収となる諸費用(自治会入会金・自治会費・同窓会費・学園後援会費)は自己負担となります。

自宅外学生に対する経済援助奨学金制度

札幌学院大学独自の奨学金として自宅外通学者向けの奨学金(返済不要)があります。
次の4つの条件を満たす学生が対象になります。
(1)自宅外通学である。
(2)日本学生支援機構の貸与奨学金を利用し、その月額貸与額が所定額以上である。
(3)主たる生計維持者の収入が所定の水準以下である。
(4)本年度、他の授業減免制度(国の修学支援新制度も含みます)の適用を受けていない。

募集期間は2021年10月1日(金)~18日(月)となっております。
詳細につきましては、情報ポータル・学生支援課前掲示をご覧ください。

資格取得者奨学金制度

高等学校在学中または高等学校卒業後における資格取得を評価し、さらに上の検定や資格へのチャレンジを応援します。
 
 
採用基準・採用期間
  免除項目 基準等
入学生
入学金及び
1年次授業料
120,000円
+
750,000円
(1)日本英語検定協会実用英語技能検定試験準1級 またはTOEICRスコア740点以上
(2)日本商工会議所簿記検定試験1級
(3)全国経理教育協会簿記能力検定上級
(4)応用情報技術者試験
(5)介護福祉士国家試験
のいずれかの資格合格に該当する場合
入学生
入学金
120,000円
(1)日本英語検定協会実用英語技能検定試験2級
(2)日本商工会議所簿記検定試験2級
(3)全国商業高等学校協会簿記実務検定試験1級(「会計」と「原価計算」)
(4)全国経理教育協会簿記能力検定試験1級(「会計」と「工業簿記」)
(5)基本情報技術者試験
のいずれかの資格合格に該当する場合
在学生
年間授業料の
半額
375,000円
(1)日本英語検定協会実用英語技能検定試験1級またはTOEICRスコア900点以上
(2)日本英語検定協会実用英語技能検定試験準1級またはTOEICRスコア740点以上
(3)日本商工会議所簿記検定試験1級
(4)全国経理教育協会簿記能力検定上級
(5)行政書士
(6)応用情報技術者試験
(7)司法書士
(8)社会保険労務士
(9)介護福祉士国家試験
のいずれかの資格合格に該当する場合
■免除の対象外となる教育充実費、委託徴収となる諸費用(自治会入会金・自治会費・同窓会費・学園後援会費)は他の合格者と同様に自己負担となります。
■2年次以降も資格取得に伴う奨学制度があります(別途申請が必要となります)。

課外活動特待奨励金制度

課外活動の実績に応じて授業料や入学金が免除されます。
 
[スポーツ特待奨励生]
 【申請資格】
総合型選抜、学校推薦型選抜で合格し、入学後本学の公認クラブに所属し、継続して活動する意志のある者で、かつスポーツ活動歴が採用基準に該当する者。

採用基準・採用期間
種類 基準等 免除・返還額等
第一種
オリンピック、国際大会(世界選手権大会またはワールドカップ等)に日本代表として選出された者。
特別強化クラブの特待選手で特に優秀者として選考された者※2
1年次授業料の全額免除※1
750,000円
第二種 特別強化クラブの特待選手として選考された者。※2
1年次授業料の半額免除※1
375,000円
第三種
高校生の全日本大会の個人種目で8位以上に入賞した者または団体種目3位以上に入賞した登録選手の者、及び一般の全日本大会の個人種目で16位以上に入賞した者、または、団体種目8位以上に入賞した登録選手の者。
1年次授業料の半額免除
375,000円
第四種
全国大会に出場した者。ただし、団体競技の場合はレギュラークラスに登録された者。
入学金の全額免除
120,000円
第五種 都道府県大会などにおいて優れた成果をおさめた者。
入学金の半額免除
60,000円
※1 当該年度の成績(競技及び学業成績)に応じて次年度以降も授業料免除を継続する(最大4年)。
※2 特別強化クラブとはカーリング部、陸上競技部、ソフトテニス部、弓道部、硬式野球部の5クラブとし、対象となる選抜制度は指定スポーツ選抜のみとする。

■免除の対象外となる教育充実費、委託徴収となる諸費用(自治会入会金・自治会費・同窓会費・学園後援会費)は他の合格者と同様に自己負担となります
 
[文化特待奨励生]
総合型選抜、学校推薦型選抜で合格し、入学後本学の公認クラブに所属し、継続して活動する意志のある者で、かつ文化活動歴が採用基準に該当する者。採用基準・採用期間は、上記スポーツ特待奨励生に準じて採用します。
 

その他の奨学金制度

 経済事情や留学など、さまざまな事情に応じた奨学金制度を用意しています。

家計急変・
災害など
緊急時の奨学金
日本学生支援機構緊急採用(第一種)奨学金、日本学生支援機構応急採用(第二種)奨学金、日本学生支援機構給付奨学金(家計急変)、札幌学院大学家計急変奨学金、札幌学院大学災害等特別奨学金、学生生活援助基金(一時的な貸与)
外国人留学生  日本学生支援機構私費外国人留学生学習奨励費、札幌学院大学私費外国人留学生奨学金、札幌学院大学私費外国人留学生授業料減免、資格取得者奨学金 日本語能力試験N1,N2
正課授業・実習・
留学等を奨励する
奨学金
 調査実習奨励金
インター・ゼミ等への参加奨励金
外国留学奨学金
正課・ゼミナール等海外研修奨励金
韓国交流校学生派遣奨学金(東亞大學校)
 

日本学生支援機構奨学金

貸与奨学金(返還義務あり)

 
日本学生支援機構奨学金貸与奨学金(返還義務あり)
  第一種 第二種
 貸与月額
自宅生
20,000円、30,000円、40,000円、54,000円
いずれかを選択
自宅外生
20,000円、30,000円、40,000円、50,000円、
64,000円いずれかを選択
20,000円~120,000円のうち、
1万円単位で選択
 利  子  無  有(年利率上限3%として変動)
(1)利率固定方式 (2)利率見直し方式のいずれかを選択
 貸与期間  貸与開始の月から卒業するまでの標準修業年限  貸与開始の月から卒業するまでの標準修業年限
 貸与方法  原則として月1回、本人の銀行口座に振り込まれます  原則として月1回、本人の銀行口座に振り込まれます
 学力基準  高校平均評定 3.5  高校平均評定 3.0
 家計基準  給与所得世帯 851万円
 給与所得以外の世帯 443万円
 給与所得世帯 1,194万円
 給与所得以外の世帯 786万円
※過去に日本学生支援機構奨学金の貸与を受けていた場合は、個別に状況が異なります。
※第一種奨学金の貸与月額は、2019年度以降に入学した学生が選択可能な金額です。又、給付奨学金と併用した場合、受給中は第一種奨学金の貸与額は自動調整されます。

給付奨学金

給付月額 ■自宅生(月額)  
第I区分 38,300円(42,500円)
第II区分 25,600円(28,400円)
第III区分 12,800円(14,200円)

■自宅外生(月額)
第I区分 75,800円
第II区分 50,600円
第III区分 25,300円
 
給付期間  卒業するまでの標準修業年限
 年2回支給区分の確認が行われる為、場合によっては停止になる可能性あります
給付方法  原則として月1回、本人の銀行口座に振り込まれます
学力基準  (1)高校平均評価3.5 
 (2)入学試験の成績が入学者の上位1/2 
 (3)高卒認定合格者 
 (4)学修計画書の提出 
 によって、学修の意欲や目的、将来の人生設計等が確認出来ること
家計基準  住民税非課税世帯・準ずる世帯
※給付月額()は、生活保護世帯及び、児童養護施設から通学する方への支給額です。 
※収入等の確認を年2回行う予定です。確認の結果、支給区分の変更や停止になる場合があります。
※学力基準は(1)~(4)のいずれかに該当をすること。

募集期間は2021年10月1日(金)~20日(水)までとなっております。募集情報については情報ポータル、もしくは日本学生支援機構のサイトをご確認ください。

国の教育ローン

日本政策金融公庫 国民生活事業(旧 国民生活金融公庫)

大学入学時・在学中にかかる諸費用を対象に保護者に融資する制度です。学生1人につき350万円以内を低利(1.76%、母子家庭の方は年1.36%、2017年11月10日現在)で利用でき、在学期間内の元本据え置きができます。
詳しくは下記の教育ローンコールセンターへお問い合わせください。
*教育ローンコールセンター 0570-008656(ナビダイヤル)
月〜金)9:00〜21:00、土)9:00〜17:00 上記番号が利用できない場合 03-5321-8656

オリコ「学費サポートプラン」

本学では、(株)オリエントコーポレーション(以下「オリコ」という。)との提携により入学生及び在学生を対象とした「学費サポートプラン」を導入しております。

「学費サポートプラン」は申込者(学費負担者)の入学金・授業料・教育充実費などの学納金をオリコが大学に立て替え、申込者がオリコに毎月分割で返済をしていただく制度です。支払い方法は通常返済のほか、在学中は分納手数料のみを納付するステップアップ返済など多様な選択が可能です。