Menu

国際交流センターの紹介

本学の国際プログラムは、長期・短期・海外・国内そして学内プログラムとあり、各学生の目的や準備状況に合わせて選択が可能です。
学内で留学生や各種受け入れプログラムで交流をした体験を活かして海外へはばたく学生もいれば、まず海外で見聞を深め、帰国後の学生生活でその体験を活かしていく学生もいます。
いずれも、海外での生活、学習、他国の人々との出会いは、将来社会で活躍していくための有意義なきっかけとなっています。

Mission

 本学の国際交流センターは、大学の4理念である「自律」「人権」「共生」「協働」に基づき、学生自らが主体的に学び、自己の職業と人生を切り拓いていくことを支援しています。
そのため、世界に開かれた大学として各国の大学や研究機関と学術交流・学生交流を積極的に行い、互いに人的資源を高め国際社会の発展に寄与するよう努めます。
また、本学で学ぶ留学生も快適に学生生活を過ごし、彼らもまた将来グローバルに活躍する人材として成長するためにサポートしています。
留学生歓迎会

国際交流センター長からのメッセージ

臼杵先生

国際交流センター長 
臼杵 勲

 北海道は、雄大な自然に抱かれた四季折々の景観、そこに育まれた独自の文化、新鮮な山海の幸など、多くの自然・文化資源に恵まれた土地です。外国人観光客も欧米・アジアともに年々増加してきました。新型コロナ収束後にはまたこのような状況へと回帰していくことは間違いありません。

 グローバル化された現代の世界では、政治・ビジネス・科学・文化など様々な分野で他地域や他国家との関係性が強まり、相互のつながりが不可欠になっています。その潮流は北海道でも同様です。道内の海外事業展開企業の7割がアジアへ進出し、北海道を訪れる外国人も数百万人の規模になっています。北海道も国際社会と強く結びついているのです。
 このような国際化の波に対応すべく、札幌学院大学は、20年以上に渡って、海外協定校への留学生派遣制度を実施してきました。現在は、12ヶ国30大学(20204月現在)との学術交流協定を結び、半年から1年の交換留学、短期語学研修、異文化交流、英語インターンシップなどのプログラムを提供しています。

 また、本学は国際協力にも力を入れており、201910月には国内第2号(道内第1号)のフェアトレード大学に 認定されました。世界の中に、自分たちと立場の違う人達が貧困に苦しんでいる現状があることを理解し、同じ地球の構成員として、その恵まれない人達を貧困から救う一助として、フェアトレードという日常の消費を通じた国際貢献に取リ組んでいます。このような多岐にわたる活動が功を奏して、協定校からの研修・留学の受け入れが活発化しています。また、海外学生に向けた入試により、本学で学ぶ正規留学生の数も年々増加してきました。キャンパスでは、多文化共生の環境が形成され、文化的背景の異なる学生同土が相互に刺激しあう相乗効果が生まれています。

 

 言語や習慣のみならず、価値観や生育環境の異なる人々との交流は、これまで自分が信じてきた常識を覆す新たな発見の連続であり、知的好奇心が刺激される機会です。その中で、世界の多様性を認識することができます。その体験が、他者の理解や尊重につながると考えます。国際社会のあらゆる分野において、多国・多地域間での議論や協力を進めて、最善解を見出していくことが必要とされています。パンデミックという状況は、まさしく私たちにそのことを再認識させることになりました。
 そして、様々な国際的課題に取り組む際には、日本の常識のみで判断するのではなく、他者の主張を聞きその背景を理解した上で、双方が合意できる最善の方策を見いだしていく能力が求められています。そのような力を養成するために、多国籍の学生が集う大学という教育環境において経験値を重ね、また留学・研修などの国際体験を行うことは有効です。
 本学では、自分が関心のある分野を学びながら、これからの社会に不可欠な国際性を習得できる条件が整えられています。このような恵まれた環境を活かして、本学で学ぶ学生が、様々なことに挑戦し、世界に雄飛する人材へと成長していくことを願っております。国際交流スタッフー同、皆さん の挑戦を心待ちにしています。ぜひ、国際体験を一緒にしてみませんか。

海外留学・研修に興味のある方へ

TAR 2018
異文化を肌で感じたいと思っている学生のためには、短期・長期で海外体験する機会があります。
各自の興味、経済状態、単位取得状況によって選択することが可能です。語学留学、交換留学のみならず、国内・海外でのインターンシップやボランティアも体験できます。
各種の海外プログラムは、就職活動や将来の夢にもつながっていくように選択肢が広がっています。いずれの派遣プログラムも、安心して出発できるよう教職員も準備をサポートする態勢を整えています。本学だからこそ挑戦できる、参加できるグローバルな体験を有効に活かしてほしいと願っています。

海外からSGUに留学を希望している方へ

日本において北海道は特に海外から注目を集めています。本学の所在地・江別市は北海道の最大都市、札幌の隣にあり、アクセスも便利です。
本学の海外協定校に在籍する方は、各大学へ定期的に交換留学のお知らせをしています。また、海外の学生向けの入試制度もあります。詳細はお問い合わせください。
Hokkaido is one of the most attractive areas in Japan, and SGU is located in Ebetsu, right next to Sapporo the largest city in Hokkaido--which means the access is very good.
If you are a student of SGU's sister university we provide you the information of student exchange program periodically.  You also have opportunities for entering through the exam specifically for the students outside Japan. For further information, please feel free to ask us!
世界市民の集い

オンライン時代の国際交流に対応

MHCCとのZoom交流
 新型コロナウイルスの世界的感染拡大により、気軽に海外と行き来することが難しくなっています。
しかし、学生たちの「世界とつながっていたい」という思いは変わりません。そのため、本学では直接往来できないかわりにZoomなどを利用して海外協定校とのオンライン交流を積極的に行っています。2020年度は、北京農学院(中国)、マウントフッド・コミュニティカレッジ(アメリカ)とのオンライン学生交流を開催して、バーチャルな出会いを楽しみました。また、例年は年2回、1か月ずつ開催している「日本語教育・文化体験プログラム」も、初めてオンラインで行いました。
世界各国、直接の往来が可能になるまでは、2021年度もこうしたオンラインでの交流をより良いものにして、草の根の交流を絶やさないようにしていきたいと思っています。

留学生数(2020年5月1日現在)

心理学部 9名(男性5名/女性4名)
人文学部 20名(男性12名/女性8名)
法学部 2名(男性2名/女性0名)
経済学部 7名(男性3名/女性4名)
経営学部 36名(男性25名/女性11名)
【大学全体】 74名(男性47名/女性27名)

お問い合わせ

Contact us

問い合わせ先

札幌学院大学国際交流センター(国際交流課)

住所:
〒069-8555 江別市文京台11番地
メールアドレス:
iec-sgu@sgu.ac.jp
電話番号:
011-386-8111(代)