Menu

札幌学院大学 大学院法学研究科【修士課程】

Graduate School Of Law

憲法特講AⅠ・AⅡ
担当: 伊藤 雅康 教授
各2単位
日本国憲法下での重要であり著名な判例について、その事案と判旨に関する基本事項について確認し、そのなかの主要な論点についての伝統的な理解を調べたうえで、現時点での学説の到達点を踏まえてそれぞれの判決の内容の読み取り方について議論することを通じて、重要判例の理解はもちろんのこと憲法学上の主要なテーマに関する論議についての学習を促進したいと思います。
憲法に関する主要な判例や学説についての十分な理解を得ることが第一の目標ですが、履修者に判例に関する報告を分担してもらうことで、判決の読み方、関連資料の調べ方、発表のしかた等の研究に関する技法についても習熟することが副次的な目標となります。
刑事訴訟法特講
岡田 久美子 教授
2単位
刑事手続の基本構造・原則を理解し、判例を分析することによって、具体的事例にあたったときに何が問題であるかを抽出できるようにする。たとえば、近年の法改正が訴訟構造や憲法に反しうる点を指摘できるようにする。また、判例を分析して報告し、多角的に問題を捉え、自説の展開および議論ができるようにする。
税法特講AⅠ・AⅡ
川股 修二 教授
各2単位
税法特講AI及びAⅡは、税法各論特講の基礎学習を受けて、租税法原則の基本を習得し、租税法事件の司法判断を分析することで、租税法における思考能力を向上し、修士論文に関する問題意識を抽出する。
民法特講CⅠ・CⅡ
田處 博之 教授
各2単位
開講当初に受講者の民法学習の経験および希望を聴いたうえで内容を決めたい。例年は初学者が多い。受講者からとくに希望がなければ、以下の内容を考えている。民法とは、おおざっぱに いえば、われわれのいわば私的な(公的ではない)日常生活で生じてくる紛争を法的に解決するための制度とかルールを定めたものである。この授業では、そうした制度とかルールとかのうちから特に重要なものを概説する。民法特講CⅠでは民法典の総則、物権にかかわる部分を、民法特講CⅡでは民法典の債権、家族にかかわる部分を中心に扱う。
民事訴訟法特講Ⅰ
横路 俊一 教授
2単位
民事訴訟法に関連する判例及び当該判例に関する諸文献の調査及び報告を通じて民事訴訟法の理解を深めることをねらいとする。訴訟要件、処分権主義、弁論主義、証拠法、判決効といった民事訴訟法における諸原則、種々の規律及び判例を理解すること、また、法的調査及び報告の方法を身に着けることを目標とする。
政治学特講Ⅰ・Ⅱ
石井 和平 教授
各2単位
政治学特講Ⅰ、政治学特講Ⅱを通じて、地域の組織、制度、歴史・文化、アイデンティティ等の分析・検討を行います。また、グローバル化した現代における地域戦略に関するケーススタディーを行い、実践的な問題解決力を養うことも本講座の目標です。学際的な知識と関心を必要とします。
国際関係論特講Ⅰ・Ⅱ
清水 敏行 教授
各2単位
国際関係の一分野として現代韓国政治の理解を深める。演習と講義の二つの形式。講読する論文などは事前に配布します。韓国政治の文献を1冊購入してもらうこともあります(ただし安価な新書に限定)。また関連するビデオを見ます。国際関係論特講Ⅱでは、日本語文献で、韓国政治の理解を一層深める。
行政学特講Ⅰ・Ⅱ
神谷 章生 教授
各2単位
行政学、政治学等の専攻者は地方自治と行政学の基礎を、その他の専攻者は現代日本の政治と行政を学ぶ。授業内容は、ここのテーマを通じた討論をおこない、最後にレポートを提出する。昨年度は、戦争と行政をテーマにいろいろな角度から討論した。
行政法特講Ⅰ・Ⅱ
小幡 宣和 准教授
各2単位
本講義では、行政法の典型論点を押さえつつ、現代行政法論の特質(二面関係から三面関係へ、給付行政の増大、公私協働など)について探求する。各論を中心とした行政上の諸問題を素材とし、できる限り具体的な議論となるように話題を提供していく。また、受講者の興味関心や研究テーマに応じて、議論の素材も追加する。
日本法制史特講Ⅰ・Ⅱ
小澤 隆司 教授
各2単位
この講義では毎年度、日本近現代法史に関する基本文献を検討しています。年間テーマは、受講者の希望をきいて決定します。開講後数回は担当教員から講義をおこない、その後は履修者全員が分担して個別報告をしてもらいます。
憲法演習AⅠ・AⅡ・AⅢ
伊藤 雅康 教授
各2単位
この演習では、憲法学の特定の領域のなかのごく限られた論点について、時間をかけて議論することによって、テーマを深く追究することを受講者に身につけてもらうことを最終的な目標とします。
演習Ⅰでは、受講者各自に憲法学のなかで関心のある領域を選んでもらい、当該領域での基本的な文献についての紹介と検討を行ってもらいます。演習Ⅱでは、演習Ⅰでの文献検討を踏まえ、選択した領域のなかで引き続き検討を行う論点を絞り込んだうえで、関連する文献についての紹介と検討を行ってもらいます。演習Ⅲでは、さらに検討した論点に関する判例、法律、制度などの具体的な素材についての紹介と検討を行ってもらいます。論点に関する調査を行った場合には、その結果の紹介と分析を行ってもらいます。
税法演習AⅠ・AⅡ・AⅢ
川股 修二 教授
各2単位
演習Ⅰでは、修士論文のテーマ選定に向けて効率的な情報収集としてのリーガルリサーチ手法を習得し、選定予定の論文テーマの方向性及び妥当性について討論や質疑応答することで取組む べきテーマを絞り込む。演習Ⅱでは、選定されたテーマについて提示された期限を遵守し、論文骨子を作成する。各々のテーマを互いに検討することで、中間発表会に向けて論文の骨格を形成する。演習Ⅲは、論文最終報告会までの初稿論文の完成と提出期限までの論文完成を単位要件とする。
民法演習CⅠ・CⅡ・CⅢ
石井 和平 教授
各2単位
民法上の特定の領域に関するいわゆる論点を、専門論文や重要判例を素材に掘り下げて検討する。教員の講義によるのではなく、受講者による報告を基礎に授業を進める。したがって、受講者は、民法について一通りの学習をすでに済ませてあることが前提となる。特定の領域としてなにに取り組むかは、開講当初に受講者の意向をも踏まえつつ決定する。
政治学演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
石井 和平 教授
各2単位
政治学・行政学の分野、特に比較政治や地域行政を中心に、履修者の知的関心に沿って研究を進めます。
演習Ⅰ: 政治学・行政学に関する幅広い文献の中から履修者の関心ある課題に基づいて選択したものを輪番で報告、討論を行います。
演習Ⅱ: 演習Ⅰの作業を通じてテーマを絞り込み、そのテーマに沿った文献を講読し、報告、討論を重ね、できるだけ早期に修士論文のテーマを最終確定することを目指します。
演習Ⅲ: 各自が修士論文の執筆に取り組みます。
行政学演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
神谷 章生 教授
各2単位
地方自治、行政等現代の公権力にかかわる問題を扱う。とりわけ、公共事業にかかわる行政問題を検討する。演習Ⅰでは基本文献を渉猟し、テーマ設定をする。演習Ⅱでは上記を進めるとともに、必要な調査を行う。演習Ⅲでは修士論文にまとめる。必要に応じ、調査等も追加的に行う。
日本法制史演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
小澤 隆司 教授
各2単位
日本近代法制史上の重要なテーマについて学術的かつ実証的に究明する。演習Ⅰでは、各自が選んだ研究テーマに関する基本文献を収集、検討する。演習Ⅱでは、各自の研究テーマに関する基本史料を収集、検討する。演習Ⅲでは、演習Ⅰ・演習Ⅱをふまえて各自の調査・研究成果を学術論文にまとめる。

お問い合わせ先

札幌学院大学 教育支援課

[法学研究科]・[臨床心理学研究科]:江別キャンパス
[地域社会マネジメント研究科]:新札幌キャンパス

電話番号:011-386-8111(代)