Menu

札幌学院大学 大学院地域社会マネジメント研究科【修士課程】

Graduate School Of Regional Management

社会人をサポート

Support

札幌学院大学の大学院研究科は
学ぶ社会人を強力にサポートします。

【特色】学ぶ社会人を強力にサポートするオリジナリティあふれる特色・内容

夜間、土曜日に講義を集中し、社会人が在職のまま2年間で単位を取得
社会人の方が効率的に学び、その研究成果をいち早くビジネスの現場に還元できるよう、授業時間帯を夜間及び土曜日 に集中的に設定するなど、働きながら2年間で単位が取得できる体制を整えています。通学に便利な札幌都心(大通西6丁目)の札幌学院大学大通サテライトで授業の多くを実施しています。
科目等履修制度を活用できます
科目等履修生として本研究科の科目の一部を履修することができ、取得単位は、将来本学に入学した場合、10単位まで既履修単位として認められる制度があります。また、本学法学研究科と相互乗り入れを図っており、関連科目の単位が修得できます。
長期履修制度活用で3~4年間で修得することも可能
大学院(修士課程)の修業年限は通常2年間ですが、働きながら学ぶ人が勤務等の関係で計画的に修業年限を越えて(3~4年間)修得する長期履修制度があります。2年間の学費を「長期履修計画年数」に応じて分割納入できます。
社会人入試制度があります
大学を卒業し、いったん社会に出た後、さらに大学院で研究をしたいという方の意欲に応えるために、大学院への出願資格要件を満たし、社会経験が2年以上ある方には社会人入試制度を実施しています。また、大学を卒業していなくても、入学資格審査により、出願資格を得ることが可能です。

平日の夜間と土曜日授業で学ぶ社会人を強力にサポート!

時間割(参考・2020年度)
※2講連続して同じ科目が記載されている講義は、隔週開講になります。
秋期集中講義 パーソナルファイナンス論演習

厚生労働省一般教育訓練給付制度について

大学院地域社会マネジメント研究科では、厚生労働省からの指定を受け、2008年度入学生から適用を受けることができます。
一般教育訓練給付制度とは、一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者が、本研究科を修了した場合、教育訓練経費の20%に相当する額(上限10万円)をハローワークから支給される制度です。
教育訓練経費とは、申請者本人が教育訓練実施者に対して支払った入学料と受講料(最大1年分)の合計をいい、検定試験の受験料、受講に当たって必ずしも必要とされない補助教材費、教育訓練の補講費、教育訓練施設が実施する各種行事参加のための費用、学債など将来受講者に対して現金還付が予定されている費用、受講のための交通費、パソコンなどの器材の費用、クレジット会社に対する手数料、支給申請時点での未納の額などについては含まれません。
地域社会マネジメント研究科では、入学金、授業料の最大1年分の合計を教育訓練経費として指定を受けており、教育充実費、同窓会入会金、同窓会終身会費、学生教育災害保険料、任意の教材費等、その他受講者が負担する経費は教育訓練経費に含みません。
制度について、詳細は厚生労働省のホームページをご覧ください。

札幌学院大学 新さっぽろキャンパス

地域社会マネジメント研究科は、社会人として学ぶあなたをバックアップします。
「働きながら大学院で学びたい」
「仕事の経験や他業種との交流を研究に活かしたい」
さまざまな学びの意欲に応えるために、
札幌学院大学・大学院地域社会マネジメント研究科では社会人の方が在職のまま効率的に学べるよう勤務後の通学に配慮して、授業の半数以上を
2021年度から開設する「新さっぽろキャンパス」にて実施予定。
交通の利便性に加えて、研究活動に必要な図書館やコンピュータ環境など
支援システムを整備しています。
札幌学院大学 新さっぽろキャンパス
JR新札幌駅より徒歩7分
地下鉄(札幌市営 東西線) 新さっぽろ 1番出口より徒歩1分

※現在建設中

お問い合わせ先

札幌学院大学 教育支援課

〒069-8555 北海道江別市文京台11番地

電話番号:011-386-8111(代)