お知らせ

Topics

一覧へ

学科の教育目標

Learning Goals

複雑に変化する現代経済とその諸問題を探求しつつ、
学生の豊かな人間性を涵養し、
経済学を中心にして、法律学や情報学や
社会学などの社会科学分野の知識を深め、
国際的視野と地域視点を持って経済を分析する能力を高め、
その知識や分析能力を活用し、同時に、異文化理解を深め、
社会や産業の発展に貢献する人材を育成することを目的とします。

経済学科の学び

Annual Curriculum

  • Course01
    CUP(キャリアアッププログラム)コース
    このコースは、4プログラムから構成されています。本学が経済学部、法学部、社会情報学部で進めてきた教育実績・実践を有機的に連携させ、資格や就職に結びつけるプログラムです。
  • Course02
    CUP(キャリアアッププログラム)コース「公共政策(公務員養成)プログラム」
    法律専門と経済専門の科目と公務員対策科目によって、公務員として活動し、社会的貢献できる人材の養成を目指します。基礎的能力として法律専門科目の憲法、行政法、民法などと経済専門科目のミクロ経済学、マクロ経済学、財政学などを身につけます。同時に、公務員試験対策特別演習で一般知識、一般知能などの教養試験にも対応できる能力を身につけます。このプログラムの学生は、公務員試験の突破を目標に、特に地方公務員(警察官、消防官などを含む)への就職に力を発揮し、地域の活性化に貢献する人材となります。
  • Course03
    CUP(キャリアアッププログラム)コース「金融(FP)プログラム」
    経済専門科目と法律専門科目によって、経済、金融、法律(民法、会社法)の総合力をもった金融の専門家ファイナンシャル・プランナーとして活動し、社会的貢献できる人材の養成を目指します。基礎的能力として経済専門科目の日本経済、国際経済、ファイナンス論などと法律専門科目の民法、会社法、税法などを身につけます。同時に、ファイナンシャルプランニングで経済環境・金融・税制・年金制度などの幅広い知識を生かし、ライフスタイル、ライフプランをサポートする能力を身につけます。このプログラムの学生は、銀行、証券会社、保険会社などの金融機関を目指し、特に地方銀行(農業協同組合、漁業協同組合などを含む)への就職に力を発揮し、社会の活性化に貢献する人材となります。
  • Course04
    CUP(キャリアアッププログラム)コース「情報(IT)プログラム」
    社会情報学部の情報学専門科目によって、情報管理技術者として社会的貢献できる人材の養成を目指します。基礎的能力として情報専門科目のプログラミング、マルチメディア、データベース、情報通信ネットワークなどについて身につけます。同時に、情報管理者として知的財産法を身につけます。このプログラムの学生は、基本的には、IT技術の習得に教育の力点を置き、学生にITパスポートの国家資格、ウェブデザイナーの資格、知的財産管理技能士の国家資格の取得を目標に、システムエンジニア、情報管理技術者への就職に力を発揮し、産業社会で活躍し、社会貢献する人材となります。
  • Course05
    CUP(キャリアアッププログラム)コース「社会調査プログラム」
    データ収集と分析、地域、地方の経済、財政の総合力を活かして活動し、社会的貢献できる人材の養成を目指します。基礎的能力として社会学専門科目の資料収集、データ解析、社会システムの理論と地域に出た調査演習と通じて、社会調査の実践と問題等の分析の技術を身につけます。同時に、地方財政、地域社会、都市経済、農業経済を通じて地域問題について考察する能力を身につけます。
このプログラムの学生は、基本的には、社会調査の知識や技術を用いて、世論や市場動向、社会現象を捉える「調査の専門家」である社会調査士の資格取得を目標とし、社会調査に関するノウハウ活かした公務員(地方公務員)、マーケティング、流行など鋭敏に対応する企業(大小の製造業や小売・卸売ならびに各種サービス業)への就職に力を発揮します。特に、北海道の地域社会で活躍し、地域密着した企業(地元企業)、北海道の産業の活性化に貢献する人材となります。
  • Course06
    国際経済コース
    国際経済コースでは、グローバルに産業社会に積極的に身を乗り出し、国際社会で活動し、社会的貢献できる人材の養成を目指します。基礎的能力として、ビジネス能力検定、ワープロによる文書作成、エクセルによる表計算、パワーポイントを用いたプレゼンテーションなどのコンピュータを活用能力などのIT技術、社会調査に関する技術を身につけます。同時に、経済学の基礎思考(ミクロ経済ならびにマクロ経済の視点で思考方法)を身につけます。特に、日本経済ならびにアジア・西欧諸国の実態(企業の現場)を理解し、国際的視野で思考し、行動し、分析する能力を身につけていきます。このコースの学生は、主に企業(製造業や小売・卸売ならびに各種サービス業)への就職に力を発揮します。
  • Course07
    地域経済コース
    地域経済コースでは、地域社会で活動し、地域社会に貢献できる人材の養成を目指します。基礎的能力としてビジネス能力検定、ワープロによる文書作成、エクセルによる表計算、パワーポイントを用いたプレゼンテーションなどのコンピュータを活用能力などのIT技術、社会調査に関する技術を身につけます。同時に、経済学の基礎思考(ミクロ経済ならびにマクロ経済の視点で思考方法)を身につけます。特に、地域社会(とりわけ北海道)に焦点を当て、その実態(フィールド調査で地域社会の現場)で何が起こっているのかを理解し、地域視点で地域社会(産業や文化を含む)を思考し、分析する能力を身につけていきます。このコースの学生は、北海道地域社会の活性化を目指し地域密着した企業(地元企業)への就職に力を発揮し、北海道の産業・文化の再生に貢献する人材となります。

目指せる資格や検定

Qualifications and Certification Programs

  • ファイナンシャル・
    プランナー
    貯蓄・投資等のプランの立案・相談に必要な技能を有します。
  • 社会調査士
    企業では市場調査をします。この資格を取得していれば注目されるでしょう。
  • 情報処理技術者試験
    情報系の国家試験です。ITパスポート、情報セキュリティマネジメント、基本情報技術者、応用情報技術者、などがあります。
  • 知財管理技能士
    比較的新しい国家資格です。知的財産権はこれから重視される権利です。
  • 教員免許
    (中学校「社会」、
    高校「地歴」「公民」)
    本学の経済学科は、中学校教諭一種免許状の「社会」、高等学校教諭一種免許状の「地歴」「公民」免許が与えられ、すべての都道府県で教員として勤務できます。
  • 個人情報保護士
    個人情報保護法の知識を正しく身につけ、オフィスのセキュリティやリスク分析など、個人情報の管理運用や対策をおこなう「個人情報保護に関するエキスパート」。

教員紹介

Faculty Members

経済学部は「現場で学ぶ、現場から学ぶ」を
学究のスタンスとして、
「社会人としての生命力」の基礎を養い、
企業と地域社会の即戦力として活躍できる人材、
現在の地域社会において必要とされている人材を育成します。

ゼミナール紹介

Seminars

  • 浅川 雅己 ゼミ
    「いまの社会が幸せに生きるための環境」
  • 井上 仁 ゼミ
    「金融」
  • 大國 充彦 ゼミ
    「自校教育と大学の地域連携」
  • 片山 一義 ゼミ
    「日本の社会保障制度(医療保険,年金保険,雇用保険など)」 「労働経済に関わる様々な現象(雇用・失業問題,賃金などの労働諸条件)」 「文献収集の仕方,統計書等の基礎的資料を利用の仕方等の手法」
  • 金盛 直茂 ゼミ
    「社会保障」
  • 久保田 義弘 ゼミ
    「金融専門家になるための資質と知性の育成」 「金融専門家になるための金融・財政論」
  • 小池 英勝 ゼミ
    「コンピュータによる問題解決」
  • 佐藤 和洋 ゼミ
    「知識獲得・問題発見・問題解決・自己表現等の能力育成」
  • 高田 洋 ゼミ
    「社会的なこと」
    「社会の見方を養うことを目的」
  • 高橋 寛人 ゼミ
    「国際経済」「世界経済」
    「モノやお金、人などの国際的な移動についての経済学」
  • 土居 直史 ゼミ
    「北海道の各市町村の人口増減」
    「北海道の空港の民営化」
    「除雪費用の削減方法」
  • 平澤 亨輔 ゼミ
    「地域経済の動向とその再生について」 「地域の再生について」 「地域経済の動向」
  • 森田 彦ゼミ
    「コンピュータの様々な処理を可能にしているプログラミング」
    「人工知能のプログラミングやスマホのアプリ開発」
  • 山崎 慎吾 ゼミ
    「ゲーム理論と経済学を用いた分析方法の習得」 「ゲーム理論と経済学で現実の問題や状況を分析する」 「プレゼンテーションをする技術と聞く技術を磨く」
  • 山田 智哉 ゼミ
    「データを用いた自治体研究」
    「データ分析の方法」「ゼミ論文」
  • 湯川 郁子 ゼミ
    「歴史の素材となる資料を読み解く方法を学ぶ」 「日本経済史の基本文献の講読」

研究活動

Research

浅川 雅己:環境破壊、性差別、福祉破綻と資本主義経済の関連の研究
井上 仁:金融機関と金融政策に関する理論・実証分析
大國 充彦:地域再生、戦後北海道の社会調査
鏡味 秋平:中国経済のマクロ分析
片山 一義:アメリカにおける労働者供給業の研究
金盛 直茂:税制と経済成長率の関係
久保田 義弘:一国内での経済活動と金融や産業の関連
小池 英勝:次世代ICTシステムの構築・運用に関する研究
佐藤 和洋:データベースシステムの研究
白石 英才:ロシア極東サハリン島及びアムール川下流域に居住する先住民族ニヴフ人の言語の現地調査による記録と分析
高田 洋:民主主義と社会階層に関する数理・計量社会学的研究
高橋 寛人:国際的な市場統合の下での経済変動に関する理論分析
土居 直史:市場構造モデルの推定に基づく経済分析
中村 永友:自然科学・社会科学における計量分析
早田 和弥:パーソナルマンダラの理論と実際
平澤 亨輔:都市システムと都市の成長
森田 彦:数値シミュレーションによる原子核構造の研究
山崎 慎吾:租税競争、公共財の自発的供給、投票行動
山田 智哉:多変量解析を用いた統計的データ分析
湯川 郁子:近代日本の村落社会

学科での4年間

Your Four Years at the Department

  • 1
    年次
    プロ・ゼミナール
    経済学入門A
    経済学入門B
    ビジネス演習A
  • 2
    年次
    財政学I
    金融論I
    ビジネス演習B
  • 3
    年次
    日本経済論I
    国際経済論I
    北海道経済論A
  • 4
    年次
    卒論指導

卒業後の進路

Paths after Graduation

金融・保険業、サービス業、卸・小売業、運輪・通信業、旅行・観光業、不動産業、公務員、中学校・高等学校教員、大学院進学など