札幌学院大学 大学院地域社会マネジメント研究科【修士課程】

Graduate School Of Regional Management

お知らせ

Topics

平成31年度 大学院第二期入試日程について

地域社会マネジメント研究科の入試情報詳細へ

項目 詳細(期間など)
出願期間 平成31年1月10日(木)~ 1月24日(木) 〔必着〕
試験日 平成31年2月9日(土)
 法学研究科
 臨床心理学研究科(一般筆記・社会人)
 地域社会マネジメント研究科

平成31年2月10日(日)
 臨床心理学研究科(一般面接)
合格発表日 平成31年3月1日(金)13:00
※札幌学院大学3号館1階ロビーにて掲示
出願資格審査出願期間 平成30年11月16日(金)~11月29日(木) 〔必着〕
出願資格審査口述試験 平成30年12月1日(土) 13:00~

トピックス

研究科の教育目標

Learning Goals

大学院地域社会マネジメント研究科は、地域社会の諸課題を解決するため地域社会の創造的プロジェクト開発と実践的マネジメントを研究対象とし、経済・金融分野、企業経営分野、地域・まちづくり分野及び会計分野のそれぞれの分野において当該研究・教育を通じて自立・持続可能な地域社会形成の担い手となりうる高度の専門性を備えた職業人を養成することを目的とする。

研究科長のご挨拶

Greeting from the Dean

地域社会マネジメント研究科長

河西 邦人

地域社会マネジメント研究科がめざすもの

地域社会マネジメント研究科は「持続可能な地域社会づくり」を教育、研究する目的のため、2003年に経済学、社会学、経営学、会計学、都市計画など多様な分野の教員を揃え、設置されました。
 
設置から13年経った2015年、国連は「SDGs~持続可能な開発のための2030アジェンダ」を決議し、国連加盟国は持続可能な開発目標を達成のため、動き出しています。
 
世界各国がSDGsを推進する現在、地域社会マネジメント研究科で学び、研究することを持続可能な地域社会づくりへ活かしてください。

地域社会マネジメント研究科の学び

Annual Curriculum

  • Course01
    地域社会研究科目
  • Course02
    コミュニティ科目
  • Course03
    ビジネス科目

履修モデル例

Course model

地域を創る。 社会を創る。 人を創る。
この3つの履修モデルは、平成30年度に開設している特別演習を基に例として作成しています。
詳細については、特別演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲの内容を確認してください。

  • Graduate School01
    地域・まちづくり系の分野で活躍する人材の養成を目指すモデル
    今、地域では「地域社会複合体」が主導する「サスティナブル・デベロップメント( 自律・持続可能な発展)」の具現化等が強く求められています。特別演習において、絞り込まれた各専門分野における「軸のぶれない明確な理論構築力と実践力」を習得していきます。
  • Graduate School02
    地域経済で活躍する人材養成を目指すモデル
    市場経済のグローバル化が進行する中で、少子高齢化が急激に進む地域社会の基盤である地域経済の再生=再活性化が問われています。北海道地域経済で活躍しうる人材養成を目指します。
  • Graduate School03
    地域社会マネジメントに関する識見を持った職業会計人の養成を目指すモデル
    2001年の金融改革以降、会計の領域では会計ビックバンと呼ばれる会計改革が行なわれ、それが現在においても継続しています。地域の活性化や地域経済の発展を念頭に置いた会計や税務の業務を行う会計専門家としての税理士の活躍が期待されておりこれらの人材を養成することを目指します。

特別演習

Special exercise

地域を創る。 社会を創る。 人を創る。
この3つの履修モデルは、平成30年度に開設している特別演習を基に例として作成しています。
詳細については、特別演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲの内容を確認してください。

  • 石川 千温
    ICTを活用した教育や地域活性化の問題解決手法の探求
  • 小内 純子
    社会的ネットワークとまちづくり
  • 河西 邦人
    ソーシャルビジネスの経営
  • 久保田 義弘
    経済学、金融論、金融資産運用並びに企業活動
  • 邵 藍蘭
    財務会計諸基準の研究
  • 白石 英才
    北東アジア先住民族の歴史と言語
  • 長岡 正
    管理会計を中心とした会計学の研究
  • 平澤 亨輔
    地域経済とその再生
  • 渡邊 愼哉
    地域社会と情報技術、地域問題の形式化

学ぶ社会人を強力にサポート

Learning Goals

地域を創る。 社会を創る。 人を創る。
この3つの履修モデルは、平成30年度に開設している特別演習を基に例として作成しています。
詳細については、特別演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲの内容を確認してください。

お問い合わせ先

札幌学院大学 教育支援課

〒069-8555 北海道江別市文京台11番地

電話番号:011-386-8111(代)