Menu

人間科学科

Department

【人間科学科】1年生が人間科学基礎ゼミナールで全体発表・討論会を行いました。

2012.12.26

お知らせ

1年生が人間科学基礎ゼミナールで全体発表・討論会を行いました。


人間科学科1年生が全員履修する人間科学基礎ゼミナールでは、毎年全体発表・討論会を実施しています。今年も、11/30・12/7・12/14・12/21の日程で行いました。今年の基礎ゼミは、一クラス18~20人の計7クラス。春からそれぞれのクラスで取り組んできた成果を全員の前で発表しました。多彩なテーマで、どのクラスもそれぞれに特徴がありとても興味深い内容でした。発表されたテーマを紹介しましょう。
1年生が人間科学基礎ゼミナールで全体発表・討論会を行いました。

4日間の発表順に、「大学生期~青年期の一時期としての~」、「ローカルフードと地域社会」、「非行少年と社会のつながり」、「ハワイと私たち」、「生活保護とは~いま何が問題か」、「健康で長生きできる社会的条件を探る」、「間伐から見る日本の林業」です。
人間科学の諸問題に関心をもち、仲間と協働しながら自分たちの考えを深め、そして自分たちが考えたことを他者に伝える、という人間科学科の学びの基礎を体験的に学習する機会でした。発表内容や取り組みに対する評価はそれぞれあると思いますが、重要だったことは、どのクラスも皆一生懸命がんばったことと、1年生らしい清々しい達成感がこちらにも伝わってきたことでした。
結果はどうあれ、この全体発表・討論会は、学生個々にとって貴重な意義のある経験だったと思います。これからの学修に間違いなく生かされるでしょう。
  • 発行日: 2012.12.26