Menu

人間科学科

Department

【人間科学科】臼井博:教員紹介

2010.05.01

お知らせ

臼井博:教員紹介


この4月から参りました。こちらの大学では、教育心理学、学校心理学、専門ゼミナールなどの授業を担当します。専門は心理学ですが、発達と教育がクロスする領域が私の関心領域です。これまで研究してきたことは、子どものパーソナリティの発達と親子関係、子どもの認知機能の個人差(認知スタイル)、子どもの学校適応と学校種間移行の影響、学習動機の発達、などです。また、前任校(北海道教育大学札幌校)では多くの卒業生が小学校や中学校の教員になりますので、教師としての職能の生涯発達についても関心のある課題です。

この大学の第一印象は、校舎がきれいなこと、そして皆さんが本当に親切に接してくださることです。いろいろと戸惑うことの多い私にとっては、事務の方に親身にお助けしていただき、何よりもありがたく感じています。それから、学生に対する支援のシステムも整っていると思います。たとえば、私の授業には聴覚障害の学生が3名受講しているのですが、それぞれにノートテイカーのボランティアの学生がついています。また、授業の資料などをインターネット上にダウンロードできることもありがたいです。それから、かなりの人数の授業にもかかわらず授業終了後に質問にきてくれるのはうれしくもありがたいことです。彼らの生の声から学ぶことは本当に多いものです。学生の皆さんの自己実現に対して少しでも助けになることができればと願っています。

臼井博:教員紹介
  • 発行日: 2010.05.01