人間科学科

Department

【人間科学科】本学科を卒業し大学院に進学した稲田穏香さんの近況です

2010.04.27

お知らせ

本学科を卒業し大学院に進学した稲田穏香さんの近況です


私は現在、札幌学院大学大学院地域社会マネジメント研究科でまちづくりについて学んでいます。地元である幕別町をフィールドとした活性化戦略を考察することが最終的な目標です。地域社会マネジメント研究科は学部から進んだ学生はもちろん、まだまだ現役で働かれている社会人の方、定年も迎えられ新しい人生を歩き始めている方と本当に幅広い年代の方々が、皆それぞれ、様々な方法でまちづくりへの夢を膨らませています。そして、普段中々接する機会のない年代間での他愛ない会話や、講義中のディスカッションで、上の世代の方たちが社会人生活で体験したことを聞くことは、学部から進んだ私にとっては大変貴重な機会であり、とてもいい経験になっています。

本学科を卒業し大学院に進学した稲田穏香さんの近況です


また、学習面では、人間科学科にいた頃には全く異なる分野を学んでいたので、まちづくりというものがどのように行われ、どんな風にまちの発展に影響を与えるか、大学院に入るまで考えたこともありませんでした。院に進むきっかけとなったのは病気をして入院したことで、あまり大学生活というものが満喫できなかったこと、せっかくだからもう少し色々なことが学びたいと思った経緯があったからです。それがなければ、この経験はできていなかったかもしれません。今までとは全く異なる勉強ですが、日々新鮮で、興味深く、とても嬉しいです。
 地域社会マネジメント研究科は、ノートに文字を書いていくことよりも、人同士の直接的な交流が大切な研究科であると私は思っています。初めはついていくことに精いっぱいでしたが、今では、同世代はもちろん多くの経験をされてきた方々と雑談を交えながら、楽しく講義を受けています。

(2008年度人間科学科卒業 稲田穏香)
 

  • 発行日: 2010.04.27