Menu

〈お知らせ〉新札幌地区AED実態調査

【社会連携センター】札幌看護医療専門学校と「AED実態調査」を行っています

本学と札幌看護医療専門学校は、新札幌地区のAED設置状況に関する共同調査を行っています。両校で結成された調査チームの学生が、7月から11月にかけて新札幌の各所をまわり、AEDの設置場所や使用可能な時間などを調べます。各所に点在するAEDを専用アプリに登録し「新さっぽろAEDマップ」を完成させることがねらいです。
7月21日(水)、両校のメンバーの初顔合わせを行いました。札幌看護医療専門学校(臨床工学技士学科)山田憲幸先生から救命率、社会復帰率の向上にAEDが果たす役割の重要性等についてレクチャーを受けた後、隣駅の地下鉄「ひばりが丘駅」構内のAED調査を行いました。キャンパスから駅まで徒歩5分。学生たちは道すがらゴミ拾いをしながら駅へ向かいました。この調査は街の清掃活動も兼ねています。駅に到着後、早速AEDの情報をアプリに登録しました。調査活動は、今後も1か月に1回のペースで実施していきます。
さぁ、これから調査に出発

さぁ、これから調査に出発

両校の学生は初対面。まずは自己紹介から

両校の学生は初対面。まずは自己紹介から

真剣な眼差しでAEDの果たす役割を学びます

真剣な眼差しでAEDの果たす役割を学びます

ひばりが丘駅のAED情報を専用アプリに登録します

ひばりが丘駅のAED情報を専用アプリに登録します

  • 発行日: 2021年07月29日
  • 札幌学院大学 社会連携課
    • 住所:〒004-8666 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目1-1
    • メールアドレス:sharen@ims.sgu.ac.jp
    • 電話番号:011-386-8111(代表)
    • ファックス番号:011-807-0373