Menu

英語英米文学科

Department of English Language and Literature

  • 岡崎 清 ゼミナール
    「アメリカ小説研究」
    詳しく見る閉じる
    ゼミナールの紹介
    当ゼミでは、学生の希望に応じてアメリカ映画を取り上げ、批評しています。私の専門がアメリカ小説研究のため。アメリカ小説を下敷きにした映画を取り上げることも。ゼミでは各自がテーマを設定し、ミニレポートやプレゼン形式で発表したりディスカッションも行います。
    「みんな違って、みんなよい」。これがゼミの精神です。各自の個性をぶつけ合いながら、客体としてのアメリカ(映画・文学)をどう自己の内面と結びつけるか、1年半の中で成長していくゼミ生の姿を見て私自身も学ぶところが多いものです。「文章を書く」ことで就職活動を側面から支援するとともに、実際の就活では、キャリア支援課にもゼミ教員として足を運び、ゼミ担当・ゼミ生・キャリア支援課のコラボレーションを実践しています。
    ゼミ生からひと言
    自分の興味ある作品を題材にできるため、高いモチベーションで取り組むことができます。(S.H)
    違う価値観を持った仲間たちと意見を共有する場所でもあるので自分にとって新たな発見がみつかります。(K.Y)
    岡崎先生のユーモアある講義の進行で、ゼミへは毎週わくわくしながら参加することができます。(H.K)
    アットホームな雰囲気で少人数だからこそ一人ひとりがしっかり発言でき、楽しく居心地のよいゼミです。(N.Y)
  • 眞田 敬介 ゼミナール
    「認知言語学への招待—英語と日本語を例に—」
    詳しく見る閉じる
    ゼミナールの紹介
    言語と認知の関わりを学ぶことで、言葉(主に英語と日本語)やそれを使う人間に対する感性を養います。これにより、英語や日本語に対する感覚が鋭くなり、英語力向上につながる面もあるので、興味のある人はどうぞ私のゼミに来てください!
    ゼミ生からひと言
    日本語と英語では考え方や捉え方、その言葉を使う上でのイメージの仕方も異なります。「どのような構造になっているか」という英語を「話す」「書く」以外の学び方は新鮮で面白いです。物事を色々な角度から検討する力がつきました。また、他のゼミ生と意見交流することで自分とは違った視点を知ることができます
  • 菅原 秀二 ゼミナール
    「イギリスの歴史・社会・文化の研究」
    詳しく見る閉じる
    ゼミナールの紹介
    イギリスの社会・文化・歴史の研究。日本とイギリスの比較研究。フィールドワークとして、ロンドンでゼミ合宿、課外活動として、パブなどで教員・学生間の親睦を図っている。
    ゼミ生からひと言
    私は一年生の時から菅原先生にお世話になっており、授業でイギリス文化に興味を持ったため、菅原ゼミを専攻させていただきました。実際にイギリスを訪れたときには、写真で見るのとは違う建物や景色に感動しました。イギリスに行き、現地の方とお話しする機会もあったので、授業で学んだ英語を実践するいい機会となりました。
  • 釣 晴彦 ゼミナール
    「英語教員に相応しい英語力及び資質・能力を身に付け、教員採用検査登録を目指す」
    詳しく見る閉じる
    ゼミナールの紹介
    英語教員を目指す学生を対象に、英語教員に求められる基本的な英語力や授業運営能力、実践的指導力を養い、教員としての資質・能力を身に付けることを目標として活動している。具体的には、教材研究や授業研修会に参加、学校訪問をしたりする。
    ゼミ生からひと言
    私は教職を目指して英語科教育方や教育基本法、教員採用試験の勉強に励んでいます。今は教育実習に向けて模擬授業でどのようなアクティビティを導入するか、どのように文法を指導しようか、釣先生にアドバイスをいただきながら考えています。目標である教員という職に就けるように教採に向けて日々勉強していきたいです。
  • 中村 敦志 ゼミナール
    「アメリカ文学—原作と映画—」
    詳しく見る閉じる
    ゼミナールの紹介
    「アメリカ文学—原作と映画—」。アメリカ文学で映画化された作品、あるいは原作本のあるアメリカ映画を取り上げ、原作と映画の比較考察を行っています。
    ゼミ生が興味のある作品を選び、プレゼンを行います。ゼミのメンバーと意見交換を通して考察を深めるので、私も新鮮な刺激を受けています。
  • 西 真木子 ゼミナール
    「イギリスの文化や文学」
    詳しく見る閉じる
    ゼミナールの紹介
    専門ゼミナールでは、イギリスの文化や文学について学び、英語の文化的背景の理解を深めています。日本にも多くのイギリス文化が入り込み、生活に馴染んだものもありますが、詳しくは知らないことも多いのではないでしょうか。そのような事柄について興味のあることを調べていくと、色々な発見がありますよ。
    ゼミ生からひと言
    自分の調べていく事柄だけでなく、各ゼミ生が発表する内容から、イギリス文化について自然と詳しくなっていきます。またイギリス文化といっても色々な内容があり、「スポーツ」「料理」「階級」「児童文学作品」など、選ぶテーマにゼミ生の個性が見えるので楽しいです。またゼミ教員が紹介するイギリスの小説はこれまで読んでこなかったようなものも多く新たな発見もあります。
  • Hinkelman, D. W ゼミナール
    「Intercultural Communication 異文化コミュニケーション」
  • 水島 梨紗 ゼミナール
    「ポライトネスを意識した日英語会話表現の学びと実践」
    詳しく見る閉じる
    ゼミナールの紹介
    「ポライトネス」をキーワードに、相手に配慮したコミュニケーションのありかたについて、テキストの講読やディスカッションを通じて考えています。また、海外研修にも力を入れていて、ハワイ大学の学生たちと交流をしたり、アンケート調査を行なったり、ハワイの歴史や文化について学ぶことを通じて、異文化理解を深めています。
    ゼミ生からひと言
    ゼミでの学びを通じて、英語にも敬意表現があるということに驚き、単語や文法を学ぶだけでは知ることのできない知識を得ました。このゼミに入って大学生活で最も濃い1年間を過ごすことができました。私たちのゼミでは、ゲストや留学生を多く迎えて学び合いをしました。図書も充実していて、勉強するための環境も整っています。
  • 山添 秀剛 ゼミナール
    英語学(意味論・語用論)や認知言語学の世界
    詳しく見る閉じる
    ゼミナールの紹介
    言葉は便利な情報伝達手段ですが,研究対象として眺めなおすと新たな発見が!
    例えば,「これはまさに,宝石箱や~!」。特上海鮮丼を前にしたグルメレポート。海鮮丼イコール宝石箱?「外野席はみな,稲葉ジャンプです!」。稲葉さんがジャンプするの? 「焼き鳥(豚バラ)タレ」。某スーパーのお惣菜。鳥なの豚なの?「意味の世界」は面白い。様々な意味現象を認知言語学の知見を通して勉強します。