Menu

人間科学科

Department of Human Sciences

学科の教育目標

Our Aims

人と社会の多様性を理解し、人権を尊重する態度を身につけ、共生社会の実現を担う力を養成します。
共生社会を実現するために、ソーシャルワーク、心理・教育、地域文化の3つの専攻を通して
人間と人間を取り巻く諸問題について多面的に考察し、社会で協働できる人材を育成します。
またゼミナールによる少人数教育、実習とフィールドワークによる実践的な学びを重視し、
地域社会を支える社会福祉士、中学校・高校・特別支援学校教員、
学芸員などの諸資格を持った専門的な職業人を養成します。

人間科学科の学び

Annual Curriculum

  • course01
    ソーシャルワーク専攻
    社会が多様化し複雑化するにつれ、病気や障がい、貧困、虐待、社会的孤立といった問題が広がっています。人間の自由と尊厳の大切さを深く理解 し、多くの人と協力しながら問題解決に努めるため、社会福祉の専門的な学びを追求します。
  • course02
    心理・教育専攻
    人間の成り立ちや人間と社会の関係を心理学的視点から学ぶことにより、他者に対する理解はもちろん、自己に対する理解も深めます。「自分で問いを立てて現実を切り取り、データを集めて考察する」という主体的な学びのプロセスを追求できるよう、質問紙、インタビュー、観察などのフィールドワークの方法を、少人数教育と体験的プログラムによって習得します。
  • course03
    地域文化領域
    博物館や教育委員会、生涯教育、社会教育系の専門職を多く輩出し、卒業生のネットワークが形成されていることはサツガクの大きな強みといえます。北海道各地でフィールドワークを行う実践的な学びを通して、正しい情報収集能力を身に付けたり、北海道の文学やアイヌ文化が学べることも大きな特徴といえます。

目指せる資格や検定

Qualifications and Certification Programs

  • 中学校教員免許(社会)
    卒業に必要な単位の修得に加えて、教職課程の単位を修得することにより、取得できます。
  • 高等学校教員免許(地歴、公民、福祉)
    卒業に必要な単位の修得に加えて、教職課程の単位を修得することにより、取得できます。
  • 特別支援学校教員免許
    卒業に必要な単位の修得に加えて、教職課程の単位を修得することにより、取得できます。
  • 社会福祉士
    所定の単位を修得することにより、国家試験の受験資格が取得できます。
  • 学芸員
    卒業に必要な単位の修得に加えて、学芸員課程の単位を修得することにより、国家資格が取得できます。

教員紹介

Staff

多様な学問領域の専門家が集結!

ゼミナール紹介

Seminars

  • 臼杵 勲ゼミ
    「物質資料(考古遺物・美術品・民具等)を通して、ヒトの活動について」
  • 大澤 真平 ゼミ
    「子どもの貧困 教育福祉」
  • 奥田 統己 ゼミ
  • 川原 茂雄 ゼミ
    「教育・学校・教師」
  • 児島 恭子 ゼミ
    「文化の視点で歴史を考える」
  • 佐藤 満 ゼミ
    「障害児者教育・肢体不自由教育」
  • 田中 敦士 ゼミ
    「特別支援教育と職業リハビリテーション・障害者雇用」
  • 栃真賀 透 ゼミ
    「特別支援教育のしくみ、障害理解と支援」
  • 新田 雅子 ゼミ
    「高齢者の暮らしと地域社会」
  • 藤野 友紀 ゼミ
    「子どもの育ちと子育て(家庭だけでなく地域や保育施設も含みます)の現状」
  • 松川 敏道 ゼミ
    「障害者と社会」
  • 湯本 誠 ゼミ
  • 横山 登志子 ゼミ
    「ソーシャルワークの理論と実践」
  • 舛田 弘子 ゼミ
    「コミュニケーションから考える教育と学習の心理学」

研究活動

Research

文化財科学、文学、言語学、史学、文化人類学、社会学、心理学、教育学

学科での4年間

Your Four Years at the Department

  • 1
    年次
    人間科学基礎論、
    基礎ゼミナール、
    専攻別入門演習
  • 2
    年次
    専攻別演習、
    ソーシャルワーク演習、
    フィールドワークの方法/実際、
    地域文化演習
  • 3
    年次
    専門ゼミナールA・B、
    専攻専門科目、
    資格課程実習
  • 4
    年次
    専門ゼミナールC、
    卒業研究

卒業後の進路

Paths after Graduation

公務員、NPO職員、学芸員、教員、医療機関や福祉施設専門職員など、地域社会を支える職場で活躍します。