Menu

2019年度合格者からのメッセージ

労働基準監督官A・国家一般職 合格

 公務員を目指す最初のきっかけは、漠然と安定していて福利厚生がしっかりしているという思いでした。しかし、公務員の兄に仕事について聞いたり、説明会に参加することによって、公務員は幅広い仕事ができ、様々な経験をすることができると思い公務員を目指しました。
 学内講座は大学内での講座なので、時間を有効に使うことができ、大学の補助もあったので予備校等通学より安価に受講できました。講座をしっかり受講して、Webなどで復習してわからない所を繰り返し学習しました。また疑問点は先生に聞いたり、友人と一緒に学習することによって解消できました。
 公務員試験勉強はとても辛かったですが、あきらめずに最後まで取り組むことができれば、絶対に受かることができます。時には息抜きをして皆さんも頑張ってください。応援しています。
合格者 河田 樹央

法学部
法律学科4年
河田 樹央さん

国家一般職 合格(水産庁内定)

 当初は地元の市町村を目指して勉強を始めました。公務員には幅広い職種があることを知り、学内講座で専門科目も勉強していたので国家一般職も受験しました。公務員講座ではしっかり講義を受講し、講座の後必ず家で復習していました。過去問を中心に何度も繰り返し、飽きたら別の科目をやるなど切り替えし無理なく継続して勉強できました。
 私は勉強以外で力を入れたことが少なく、面接に苦戦しましたが、講座や大学で何度も面接対策をしてもらうことで、内定をもらうことができました。みなさんも学内講座をしっかり受けて勉強していれば一次の筆記試験は突破できると思います。最終合格のために面接対策が重要です。1次の筆記対策とともに面接対策も意識して、頑張ってください!
合格者 新居 潤也

経済学部
経済学科4年
新居 潤也さん

北海道職員(一般行政) 合格

 自分のやりたい仕事がわからず悩んでいましたが、公務員はひとつの組織の中で様々な仕事があり、色々な経験ができると思い公務員講座を受講しました。また、インターンシップで職場の雰囲気や自分の知らなかった業務の一面を見ることができ、あらためて公務員になりたいと考えました。
 講座では試験頻出問題を詳しく教えてくれるため、効率的な勉強ができ、わからないところは講座後に質問して丁寧に教えてもらいました。数的処理はほぼ毎日問題を解くようにして、文章理解も問題集を一通りやりました。時事問題対策は主に図書館で新聞を読んで、道庁のホームページや広報誌をコピーしてノートを作りました。模試を何回も受けて、時間内に問題を解く練習をしました。勉強面だけでなく、ESの添削や面接練習にもしっかり対応をしてくれたのでとても助かりました。
合格者 渡邉 伊月

人文学部
英語英米文学科4年
渡邉 伊月さん

※各合格者の学年は、資格等合格当時のものです。