現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 2018年度
  4. 〈お知らせ〉2018年04月10日 SA研修会を開催しました

教員の補助者として、受講生の良き先輩として・・

理想のSA像を意見交換

「理想のSA像とはなにか」について意見交換

SA(スチューデントアシスタント)とは、教員の補助者として授業運営をサポートする学生のことをいいます。
SAのスキルアップを目的とした研修会が4月3日(火)、大学と学生FD組織「SGUSERS」(※)との共同開催で開かれました。

はじめに、研修会講師の森 直久教務部長から、「社会が急速に変化していく中で主体性・多様性・協調性を兼ね備えた人材の育成が求められている。その中で、あなたたちSAに課せられたミッションを考えてほしい」と課題提起がありました。

その後、7~8名ずつのグループに分かれ理想のSA像や在り方について意見交換を行いました。「教員と学生との間の架け橋になるようなSAになりたい」「受講生の学びやすい環境づくりを構築するためにSAは積極的にかかわるべきではないか」「受講生一人ひとりに寄り添うSAでありたい」などの意見が出されました。

(※)学生目線で大学環境やカリキュラム改善などを提言する学生団体。

研修会の最後は、「SGUSERS」代表の澤田望乃さん(臨床心理学科3年)から、「受講生のより良い学びの環境づくりと、SAの皆さんが円滑に業務展開できるよう、今後も学生FDの視点から支援していきたい」と挨拶がありました。


SAたちは、新入生が充実した大学生活を送ることができるよう今後も数回の研修を重ね、サポート力を磨いていきます。

  • 研修会の講師は森教務部長 森部長「君たちのミッションはなに?」
  • 円滑なSA活動について意見交換中 円滑なSA活動について意見交換中
  • 澤田望乃代表から挨拶 澤田代表「学生の視点でSAを支援します」
  • 発行日: 2018年04月10日
  • 札幌学院大学教育支援課
    • 住所:〒069-8555 北海道江別市文京台11番地
    • 電話番号:011-386-8111