現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 2018年度
  4. 〈お知らせ〉2018年09月12日 2018年度「SD夏季研修会」を開催しました

2018年度「SD夏季研修会」を開催しました

全体研修の様子
札幌学院大学では、9月11日(火)に職員を対象としたSD夏季研修会(※)を開催しました。

  • 午前:全体報告会
  • 午後:グループワーク1[各課横断的な単位でのグループワーク]
  • 午後:グループワーク2[各課(部署)単位でのグループワーク]
  
午前の全体報告会では、斉藤事務局長より『新たな事務局のあり方について考える』というテーマについての報告、辻事務局次長より『他大学の機能的な事務体制について』というテーマで報告があり、参加者一人ひとりがあらためて現状の事務体制を認識し、課題を共有する機会となりました。

午後はグループワークを実施し、全体報告会の振り返りと課題共有がはかられ、意識を高め合い、職員相互の学びとなりました。

社会のあらゆる分野で急速な変化が進行する中で、大学がその使命を十分に果たすためには、その運営についても一層の高度化を図ることが必要です。大学の運営に必要な知識・技能を身につけ、学生への教育、大学運営へ生かすことができるよう、能力・資質を向上させるための研修を今後も続けていきます。

【研修目的】
  1. 理想の職員像に求められる資質と態度の向上を目指し、組織の課題発見と魅力作りに向けて建設的に議論し、大学改革を推進する。
  2. 全体報告会、グループワーク等を通じて、事務局及び各課の連帯感を高め、相互に学び・成長する。

【獲得目標】
  • 新たな事務局体制の課題について、理解する
  • 機能的で魅力ある事務局のあり方について、自分の考えをまとめる。
  • 新たな事務局を支える各課業務の課題と対策等について、各課で取りまとめる。
全体研修の様子
※)本学では「札幌学院大学に求められる理想の職員像」を次のように定義しています。
  1. 札幌学院大学の理念を実現するため、主体的に考え、協働して業務に取り組む職員
  2. 一人ひとりの学生の個性を尊重して成長を支援し、社会に貢献する人材を育む職員
  3. 札幌学院大学職員としての自覚と誇りを持ち、自ら意欲を持って学び成長し続ける職員
札幌学院大学の職員は、日々多様な課題に挑戦する過程を通じて、あるいは研修での学びを通じて「理想の職員像」に近づくことを目指しています。

※)「SD(Staff Development)」とは、個々の職員の能力開発を通じて組織全体の力量を高めるための人材育成制度を意味します。本学ではこのSDを推進する専門委員会として「SD委員会」を設置しています。
  • 発行日: 2018年09月12日
  • 札幌学院大学 総務課(SD委員会)
    • 住所:江別市文京台11番地
    • 電話番号:011-386-8111