Menu

〈お知らせ〉【英語英米文学科】北海道札幌東商業高等学校3年生に、在学生が大学の魅力を伝えました

【英語英米文学科】北海道札幌東商業高等学校3年生に、在学生が大学の魅力を伝えました

7月26日(金曜日)、高大連携講義として北海道札幌東商業高等学校の3年生を対象に行われている、シンクルP.M.講師の講義「英語IB」内において、在学生2名がゲストスピーカーとして高校生のみなさんと交流を深めました。
この「英語IB」では、実践的な英語を使って コミュニケーション能力の習得を目指しています。

今回ゲストスピーカーとして招かれたのは、英語英米文学科4年の黒川惠里子さん(札幌東商業高校OG)と鈴木春香さん。高校生のみなさんに大学での学びや魅力を伝えました。
在学生2名が高校生の前で英語で自己紹介

まずは英語で自己紹介(左から黒川さん、鈴木さん)

模造紙にアメリカのイメージを書き込む高校生たち

模造紙に、それぞれアメリカのイメージを書き込んでいきます

始めに英語で挨拶と自己紹介をし、続いて「アメリカという国について考えてみよう」というテーマを設け、高校生たちと「アメリカ」「アメリカ人」のイメージについて意見を出し合いながら交流を深めていきました。
「イメージは多様でひとつに例えることは出来ない。テーマに選んだアメリカに限らず、全てにおいて答えは一つではなく色々な視点で見ることが大事」だと伝え、高校とは違った自主的に考え、調べる大学での学びの面白さ、札幌学院大学の学生と先生の繋がりの大きさなどについても語っていました。
最後に「勇気を出してチャレンジしてみること」「大学の仲間との出会い」「人のせいにはせず、自分が変わり成長すること」が大切だと締めくくりました。

この様子は、英語英米文学科のブログでも紹介していますので、こちらも合わせてご覧ください。
みんな笑顔に

盛り上がり、みんな笑顔に

  • 発行日: 2013年08月02日