Menu

〈お知らせ〉【陸上競技部】全日本大学駅伝対校選手権大会出場壮行会

第47回全日本大学駅伝対校選手権大会出場、壮行会を開催しました

通算24回目の快挙

陸上競技部男子が11月1日(日)開催の「第47回全日本大学駅伝対校選手権」(名古屋熱田神宮→三重伊勢神宮106.8km)に、北海道代表として12年連続・通算24回目の出場をします。健闘を祈念して10月22日(木)、本学50年記念館(G館)1階ホワイエで壮行会が行われました。

鹿内万敬監督から選手紹介が行われた後、鶴丸俊明学長から選手へ激励の言葉が送られ、渡邊文泉会事務局長と加勢後援会会長(代理)から鹿内監督へそれぞれ援助金の目録が授与されました。
今年は全日本大学駅伝主催者の朝日新聞社北海道支社支社長様より激励の言葉と、JA北海道信連理事、並びにJAバンク統括本部長様よりお米の差入れが贈呈されました。また本学体育会からも激励の言葉が送られました。
監督と選手達

監督と選手達

タスキを受け取る主将

タスキを受け取る宮崎主将

その後、平体由美学生部長から大学名が入ったタスキが主将の宮崎 卓磨さんに授与されました。
宮崎主将は文泉会・後援会・大学への感謝とともに力強い決意を述べました。
最後に応援指導部チアリーダーによるエールと吹奏楽部の校歌演奏で締めくくり、壮行会は終了しました。
「第47回全日本大学駅伝対校選手権大会」は11月1日(日)テレビ朝日系列で放送されます。皆さん、是非テレビの前で応援よろしくお願いします!
  • 選手紹介
  • 鶴丸学長からの激励
  • 体育会からも激励の言葉
  • 決意を述べる宮崎主将
  • 応援指導部チアリーダーによるエール
  • お米の差入れが贈呈
  • 発行日: 2015年10月22日