Menu

〈お知らせ〉非常勤講師対象の大学説明会を行いました

非常勤講師対象の大学説明会を行いました

非常勤講師を招いての大学説明会を2月22日(水)、本学で開催しました。大学では幅広い分野の授業科目を数多く開講していることから、専任教員だけで全てを担当することが難しく、他大学等に勤務する先生方に非常勤講師として協力してもらい授業運営することが一般的です。本学では来年度、約200名の非常勤講師に授業をお願いする予定です。
大学説明会は、これら非常勤講師の方々に本学の教育理念や教育方針を理解してもらい、構成員の一人として教育に携わっていただくことをねらいとしています。
白石教務部長による説明

白石教務部長による説明

本学G館1Fホールでの全体説明会

本学G館1Fホールでの全体説明会

はじめに全体説明会があり、鶴丸学長から「本学の理念を理解いただき、社会に貢献する若者の育成に協力していただきたい」との挨拶がありました。白石教務部長は、本学創立の経緯について触れ、「今から70年前、20代の若者たちによって本学は創られた。『学生の主体性を育み尊重する』という教育理念は今も本学のDNAとして受け継がれている」とし、学生の自律を促す様々なサポートや授業改善の取組みを紹介しました。
その後、大学院、学部学科、教育領域ごとの分科会へ移り、担当教職員から学部学科ごとの教育目標や学生の現状について説明がありました。説明後は、コラボレーションセンターやサポートセンター、グローバルラウンジ、昨年完成した図書館ラーニングコモンズ「LERF-C3」などの大学施設を見学しました。
外国語教育担当者による分科会

外国語教育担当者による分科会

本学G館8Fラウンジでの懇親会

本学G館8Fラウンジでの懇親会

参加した非常勤講師のお一人は、「今までは講師控室と教室の往復だけだった。今回初めて札幌学院大学の施設を案内していただき、教育研究環境がとても充実していることがわかりました」と話されました。
非常勤講師大学説明会は、本学の教育方針をご理解いただくため、今後も引き続き開催する予定です。
  • 発行日: 2017年02月27日