Menu

〈お知らせ〉【こども発達学科】「身体表現B」の発表会を行いました

【こども発達学科】「身体表現B」の発表会を行いました

123日(木)「身体表現B」の発表会をSGUホールで行いました。「身体表現B」では、将来保育士になるために、運動会や生活発表会で欠かせない、リズムやメロディーに合わせて身体を動かす身体表現を学びます。

学生達はこの日までに皆で力を合わせて小道具を作り、3つのお話を演じました。1つ目はオリジナルストーリー「へんしんトンネル」。保育園の子供達が演じることを想定し、セリフや全体の話を短く、わかりやすい構成になるよう工夫しました。その後「3匹の子豚」、「はらぺこあおむし」を熱演。先生からは「『お腹がすいた~』と『お腹が痛い!』は体で表現すると全然違うよね。それは子供達に教えられるね。」と、ただ演じるだけではなく、実際に保育士として働く時の指導の仕方も教えてもらいました。

そんな先生の指導のおかげで、学生達はみるみる表現豊かになっていきました。来年の保育実習が楽しみですね。

  • へんしんトンネル1

    トンネルをくぐると・・・

  • へんしんトンネル2

    あら変身!

  • 3匹の子豚

    「3匹の子豚」わぁ!火がついたよ!

  • 全員集合

    皆さん、お疲れ様でした。パチパチパチ!

  • 撮影する先輩学生

    先輩学生は撮影でも大忙し

 こども発達学科の日常を紹介している学科独自サイト「こ発の森」もぜひご覧ください。
  • 発行日: 2015年12月08日