Menu

〈お知らせ〉【広報】札幌静修高等学校と高大連携に関する協定を締結

【広報】札幌静修高等学校と高大連携に関する協定を締結いたしました

本学は、札幌静修高等学校(北海道札幌市、校長:宮路 真人)と、1月10日に調印式を執り行い、包括連携協定を締結いたしましたのでお知らせします。

札幌静修高校は2022年に創立100周年を迎えました。近年は、世界のグローバル化に対応する「ユニバーサル科」を設置するなど、多彩な国際交流活動を展開するとともに、生徒の多様性を認め、豊かな個性を育てる教育を推進しています。次年度よりは広域通信制も併置し、さらに学びの輪を広げます。
一方、札幌学院大学は2021年に新札幌に新たなキャンパスを設け、留学生を積極的に受け入れるなどグローバル化を推進するとともに、心理学部においては「こころ」の専門家の育成を目指すなど、同じく多様性を重視した教育を推進しています。

今般、両校の特色を生かした高大接続教育を推進するため、包括的な連携協定を締結する運びとなりました。今後、大学での学びを単位化できる科目等履修生として静修高校の生徒を大学に受け入れる他、大学の教員養成教育への協力、大学教員による高校での授業、高校生と大学生が参加して行う英語キャンプ等を計画しています。これらの活動をきっかけに両校の教育研究活動の一層の充実を図る所存です。

(※記念撮影時のみマスクを外して撮影しております)
記念撮影
  • 調印後の記念撮影
  • 調印式の様子
  • 協定書に署名
  • 札幌静修高等学校 宮路真人 校長
  • 河西学長挨拶
  • 記念撮影
  • 発行日: 2023年01月10日